このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 徹底比較!飲む育毛剤と塗る育毛剤はどちらが良いの?

徹底比較!飲む育毛剤と塗る育毛剤はどちらが良いの?

302view

2018.05.27

塗る育毛剤の特徴をチェック

リーズナブルなアイテムが多い

塗る育毛剤は、非常に豊富な種類が発売されています。ドラッグストアやコンビニでも購入できるような、手頃な価格のものも多いです。そのため、初めて育毛剤にチャレンジする人にも、ハードルが低く、費用を節約して薄毛や抜け毛にアプローチしたい人にも向いています。

種類が豊富で相性が良いものを見つけやすい

塗る育毛剤と飲む育毛剤では、前者の方が圧倒的にバラエティに富んでいます。値段が安いものも多いですし、メーカーや成分も多岐に渡っています。そのため、自分にぴったりの育毛剤を見つけやすいというメリットがあります。

副作用の心配が少ない

肌に直接塗りつけるものの、身体への副作用はごく少なくて済みやすいのも、塗る育毛剤のメリットです。肌が極端にデリケートだったり、アレルギー体質であったりしない場合は、特に使いやすいものが多いでしょう。

天然由来の成分を使用した、オーガニックなアイテムが多いのも、塗る育毛剤の特徴です。肌に優しい商品を探しやすいともいえます。

頭皮の環境を整えやすい

薄毛や抜け毛の原因として、頭皮の環境が乱れたことが引き金になっているケースは、非常に多いです。かゆみやフケが多くなっていたり、皮膚分泌が極端に乱れていたりすると、20代から70代まで、幅広い年代で健康的な育毛が難しくなってしまうのです。

塗るタイプの育毛剤は、頭皮にダイレクトに働きかけることができるので、頭皮環境をすぐに整えやすいです。スプレータイプやローションタイプ、クリームタイプなど、テクスチャの選択肢も豊富で、快適な使い心地を実現しやすいでしょう。

症状によっては効果が薄い場合がある

抜け毛や薄毛の原因は、個人差が大きいです。特に、AGAをはじめとした男性ホルモンに働きかけるタイプの育毛剤の場合、塗るタイプだと効果が少なくなりがちというデメリットがあるでしょう。また、20代からの若はげにアプローチするため、体調改善と合わせた発毛や育毛を促すアイテムの場合も、塗るタイプだとやや効き目が弱まってしまうことがあります。

飲む育毛剤の特徴をチェック

体質改善を進めやすい

飲む育毛剤は、血行の改善や、男性ホルモンの分泌バランスなどに、体内からアプローチすることができます。そのため、薄毛や抜け毛を、体質から改善していくことができます。ストレスによる皮脂分泌の調整などにも働きかけやすいので、20代からの若はげ予防にも向いています。

医薬品としての効果を期待しやすい

塗るタイプの育毛剤と比較すると、医薬部外品ではなく、医薬品としての効果を期待しやすいという魅力があります。これは、高い効果が期待できる飲む育毛剤の中には、医師の処方が必要なアイテムが多いからです。専門家が薬として送り出すわけですから、その分発毛や育毛を促しやすいわけです。

効果が出るまで時間がかかりやすい

塗るタイプの育毛剤と比較すると、飲むタイプの育毛剤は、効果が出るまでにやや時間がかかるのがデメリットです。頭皮に直接働きかけるのではなく、あくまで体内から働きかけるため、持続性が期待できる一方で、即効性を求める場合には、適していない可能性もあるのです。

副作用が出る場合もある

もともとは、様々な病気の治療薬として使用されていた成分を、育毛剤として転用したものも多いです。もちろん、一般の人が使用して問題がないよう、念入りに調整されているものばかりですが、体内に直接取り入れる以上、影響が出てしまうケースもあります。

血行に働きかけるタイプの育毛剤であれば、血圧の極端な変化により、体調不良を引き起こすケースもあるでしょう。そのため、体質的に心配がある人は、慎重に使用する必要があるのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る