このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 これが出たら注意かも?男性向け育毛剤の副作用について

これが出たら注意かも?男性向け育毛剤の副作用について

275view

2018.05.27

要注意!この症状は育毛剤の副作用かも

肌荒れしやすくなる

刺激が強い育毛剤の中には、頭皮が荒れやすくなるものがあります。皮膚がただれるようになったり、赤みが出やすくなったり、ひりひり焼けるような痛みを感じるようになるケースがあります。特に、肌がデリケートな人や、アレルギー性の皮膚トラブルを抱えている人などは、このタイプの副作用を受けやすいでしょう。

皮膚がダメージを受けることで、健康的な毛髪の育毛土壌が、かえって失われてしまう可能性もあります。

かゆみやフケが気になりやすくなる

頭皮の保湿を徹底することは、発毛や育毛において、非常に重要なポイントです。しかし、育毛剤の中には、使用することでかえって乾燥しやすくなってしまう副作用もあります。かゆみが気になりだしたり、フケがいっきに増えたりするのです。

特に、頭皮の血行を促進するタイプの育毛剤に多いケースで、もともとデリケートな肌の人には、顕著な影響が出過ぎてしまうことがあります。

かえって抜け毛が増えてしまう

初期脱毛の症状が、副作用として提示されている育毛剤は、実は少なくありません。ヘアサイクルを安定させるため、一時的に頭髪がごっそり抜けてしまうというケースがあるのです。あらかじめ、製品に提示されている場合は、特に問題はなく、使用し続けるうちに、抜け毛の量もどんどん減っていく仕様でもあります。

男性機能障害が起きる

AGA対策の育毛剤は、男性ホルモンの分泌バランスに関与するものが多いです。そのため、副作用として、男性機能障害を引き起こしてしまうリスクもあります。臨床結果として、具体的な数値が報告されているものもあるため、使う前にきちんとチェックしておくべきでしょう。特に、夫婦で妊活などに取り組んでいる男性の場合、要注意となります。

めまいや動悸が気になるようになる

血行にアプローチするタイプの育毛剤の場合は、めまいや動悸、息切れなどの症状が出るケースもあります。これは、もともと血圧に作用する医薬品として使用されていた成分を、育毛剤として活用しているためです。血管を拡張する働きを利用していることに起因しているのです。体調と相談し、極端な場合は医師と相談する必要もあります。

安心して使える!副作用のリスクがない育毛剤

チャップアップ

男性ホルモンにアプローチするタイプの育毛剤ですが、センブリエキスやジフェンヒドラミン、ビワ葉エキスなどの、オーガニックな身体に優しい成分がメインとなっています。そのため、頭皮の血行促進を目指しつつ、天然成分の穏やかな効果を狙えるというわけです。

返金保証や定額購入割引など、安心かつ低額で利用できるお得なサービスも充実しています。20代から30代の若い層にも人気で、初めて育毛剤を手にとるときにも、手軽でよいでしょう。

リゾゲイン

20代からの若ハゲ対策として注目されている育毛剤です。月額が5,800円という、コストパフォーマンスの良いアイテムとして人気を集めています。頭皮ケア成分と、発毛促進成分がバランスよく配合されているため、肌に優しく、安定した効果を目指すことが可能です。

老化しつつある頭皮を、フレッシュに生まれ変わらせることができる育毛剤でもあります。セイヨウオオバコエキス、ダイズエキス、ドクダミエキス、シャクヤク根エキスなど、植物由来の抗糖化成分が含まれており、高い浸透力を実現しているうえ、副作用のリスクも低いです。

イクオス

短期間で高い発毛効果を得られるとして、20代から60代まで、幅広い年齢層から支持されている育毛剤です。天然成分を重要視しているため、肌へのダメージが少なく、アレルギー肌の人でも使いやすい仕上がりとなっています。

独自配合成分であるAlgas-2は、海藻成分のM-034とペルベチアカタリクラタエキスを組み合わせており、肌負担を極端に抑えた、バランスの良い育毛を実現しているのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る