このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 知りたい20代男性の抜け毛予防対策!育毛剤の効果と副作用は?

知りたい20代男性の抜け毛予防対策!育毛剤の効果と副作用は?

366view

2018.01.24

20代男性の髪の悩みとは?

人は年齢や性別に関係なく、1日に100本〜150本の髪の毛が抜けるといわれています。髪の毛は数年で生え変わるため、抜け毛が一定であれば特に心配はいりません。ですが、急に抜け毛が増えたときはどうすれば良いのでしょうか。

シャンプーの時、排水溝にたまる髪の毛の量を見て驚いたり、枕に髪の毛がたくさん落ちていて朝からギョッとした経験がある方は少なくないでしょう。抜け毛が増えたかもしれないと思うだけで、将来薄毛になってしまうのではという不安が過ります。

生活環境の変化やストレスが抜け毛の原因となることが多いようですが、それがもし20代の男性に訪れたとしたら、最適な対策を講じることが大切です。抜け毛の原因は人によって異なります。自身の抜け毛の原因を知ることも、予防対策の大切なポイントですよ。

20代で抜け毛が増える原因と対策は?

20代は就職や初めての一人暮らしなど、生活環境やリズムに変化がある年代です。人との出会いも増えて、10代には感じたことのないストレスを経験する方が多いでしょう。

また、食事も人との付き合いや慣れない一人暮らしで自炊がままならない20代の男性の場合、どうしても栄養が偏りがちになります。思い当たる方は、原因を少しでも減らすように工夫することが、抜け毛予防対策の第一歩と言えるのではないでしょうか。20代男性の抜け毛が増える原因は次のようなものがあると言われています。

抜け毛の原因1「生活環境の変化&ストレス」

20代で抜け毛が気になり始めたら、まずは生活習慣を見直してみましょう。就職や転職で生活環境が変わったり、人間関係の悩みからストレスを抱えている方は、少しでも軽減できるよう工夫してみるのも抜け毛対策になりますよ。

抜け毛の原因2「偏った食生活&運動不足」

偏った食事や運動不足も抜け毛が増える原因になると言われています。1日3食きちんと取るようにすることや通勤時に少し歩く距離を増やすなど、毎日の習慣を少し変えることで、抜け毛の悩みが解消できるかもしれません。仕事を覚えるのに必死でリラックスすることを忘れてしまっている方は、ストレスを発散するために運動や食生活の見直しが大切ですね。

抜け毛の原因3「頭皮への過度な刺激」

生活習慣やストレスが原因とは思わない方の場合は、頭皮や毛根に直接働きかける対策が必要ですね。ただし、頭皮を清潔にしようと、念入りにシャンプーをするのはおすすめできません。頭皮を傷つけて抜け毛を促進してしまう可能性があるからです。清潔に保つことは大切ですが、頭皮に過度なダメージを与えない程度にすると良いでしょう。育毛剤を使って髪の毛や毛根に働きかける抜け毛予防もおすすめですよ。

20代も育毛剤は必要?

育毛剤は髪の毛を強くして抜けにくくしたり、細くなった髪の毛を太くする効果もあるといわれていますので、薄毛に悩んでいる方には育毛剤の使用がおすすめです。また、育毛剤の使用に年齢は関係ありません。世間では40代以上の男性が使っているイメージを持たれているようですが、予防や初期の段階での使用も効果的なことが多いため、20代で使い始めるのは不思議なことではありません。

でも、育毛剤ってどんなものなのか、どんな風に使えば良いのか全くわからないという方のために、育毛剤の効果と副作用について詳しくご紹介しましょう。

育毛剤って何?

育毛剤とは、今ある髪の毛の成長を助ける効果が期待できるものです。つまり、頭皮の血行促進や乾燥を防ぐ成分の働きによって髪の毛を太く強く成長させることで、抜けにくい環境を作る手伝いをしてくれるのが育毛剤の役目です。

育毛剤の効果とは

毛根に直接働きかけることで栄養補給や適度な刺激を与えて、今ある髪の毛の成長を促すという仕組みで、何も生えていない毛根に刺激を与えて発毛を促す「発毛剤」とは違います。細くても髪の毛が生えていることで効果を発揮する可能性があるのが「育毛剤」なのです。

もちろん人によって効果の差はありますが、育毛剤を使うことは、初めて抜け毛が気になったという20代男性の抜け毛予防対策のひとつとしておすすめです。また、雑菌が繁殖しないようにして育毛に最適な頭皮環境を整える効果もあると言われていますので、年齢を問わず頭皮を清潔に保ちたい方にお使いいただきたいですね。

育毛剤には様々な成分が含まれていますが、商品を選ぶ際はその成分の特徴を知っておくとより自分に合ったものを選ぶことができます。そこで、育毛剤に含まれる成分について詳しくご紹介しましょう。

血行を促進させる効果があると言われる成分

ミノキシジル

毛細血管の拡張作用があり、多くの育毛剤に使われている成分です。頭頂部に効果が表れやすいと言われています。

塩化カルプロニウム

血流を良くする効果が期待される医療用にも使われる医薬品です。

イチョウ葉エキス

血管拡張作用があるといわれる成分で、血管拡張作用が期待されています。

センブリエキス

末梢血管の拡張作用があり、血行促進の他にも毛細血管を強くする効果もあると言われています。

ニンジンエキス

血行促進効果の他に、フケ予防など頭皮環境を整える効果も期待されています。

ビタミンE

血管を拡張して血液の循環を正常に保つ効果が期待されています。ごまやマヨネーズなどに多く含まれていますビタミンEは、食事でも摂取することが出来ます。

毛根や髪の毛に栄養を与える成分

亜鉛

レバーやアーモンドに多く含まれる亜鉛は、頭皮に直接つけることで育毛効果があると言われています。

アセチルメチオニン

毛根や髪の毛に直接栄養を与えてくれるアミノ酸のひとつです。

さらに頭皮環境を整えるための成分

海藻エキス

多くの育毛剤に含まれる成分で、保湿効果を高めると言われています。

キトフィルマー

頭皮の保湿効果だけでなく、切れ毛防止にも役立ち髪の毛を美しく保つ効果も期待されています。

アロエ抽出液

アロエに多く含まれる成分で、保湿効果が高いと言われています。

ゼニアオイエキス

とても高い保湿効果が期待できると言われています。

ピロリドンカルボン酸ナトリウム

頭皮を柔らかく保ち、フケやかゆみを抑えて健康な頭皮環境を整える効果が期待できます。

ヒノキチオール

強い殺菌作用があり新陳代謝を促す効果もあると言われています。

イソプロピルフェノール

殺菌効果と消毒効果があると言われています。

グリチルリチン酸ジカリウム

抗炎症作用があり、フケやかゆみを抑える効果が期待されています。育毛剤だけでなくシャンプーや化粧品にも使われています。

育毛剤の副作用とは?

育毛剤に含まれる成分には、副作用が心配されるものもあります。血行促進効果があると言われ多くの育毛剤で使われている「ミノキシジル」は、一方で頭皮の血管拡張作用があるため血圧低下や心拍数増加など血圧への影響が心配されています。

ミノキシジルが多く含まれている育毛剤は第一類医薬品に指定されていますので、ドラッグストアで簡単に手に入れることは出来ません。血圧が心配な方は医師に相談の上で使用することをおすすめします。

育毛剤には育毛効果の高い成分がたくさん含まれていますが、成分が多いため自身で副作用を確認するのは難しいでしょう。血圧や血管への影響が心配な方は、育毛剤を使い始める前に医師や薬剤師に必ず相談しましょう。これも年齢は関係ありませんので、20代の男性も注意が必要です。

また、使い始めてから頭皮がかぶれるなどの症状が出た場合も、すぐに医師へ相談することをおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る