このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 育毛効果がアップする?!育毛剤の効果的な使い方を詳しく解説!

育毛効果がアップする?!育毛剤の効果的な使い方を詳しく解説!

239view

2018.05.27

育毛剤の効果的な使い方・1

使用を始める時期

鏡を見て大丈夫だと思っていても、すでに薄毛や抜け毛に繋がる症状を発症している可能性があります。また若いうちはハゲないとはかぎらず、症状によっては20代前半でもハゲが目立ち始めます。そのため育毛剤を使い始めるのにピッタリな時期というものはなく、少しでも髪の毛が気になったり将来も髪の毛を失いたくないと思った時が育毛剤を使うのに適したタイミングです。

使用する時間帯

1日に何度も使用できる育毛剤は朝と夜に1回ずつ使用すると効果的です。そして1日1回しか使用できない育毛剤の場合は、朝ではなく夜に使用することがおすすめです。朝に使用すると外出した時にホコリなどの汚れが頭皮に付着しやすくなったり、暑さや運動によって頭皮にかいた汗が育毛成分の浸透を妨げて育毛効果が低下する場合があります。

頭皮を温める

毛穴が閉じていると育毛剤が浸透しにくいので育毛効果が低下します。そのため育毛剤の使用前は頭に蒸しタオルをのせたり入浴して頭皮の毛穴を開く必要があります。

洗髪する時間に余裕がある場合

育毛剤を使用する前にシャンプーで頭皮を洗います。頭皮の毛穴に詰まっているフケや皮脂、ホコリなどの汚れを取り除くと育毛剤の成分が浸透しやすくなるため育毛剤の効果がアップします。また頭皮に残ったシャンプーや水分が育毛剤の浸透を妨げる場合があるので、洗髪の最後にすすぎ洗いを十分に行ってから頭皮をドライヤーで乾燥させることが大切です。

頭皮につけてから揉む育毛剤

髪の毛ではなくて頭皮につけます。そのため長髪の方は手で分け目を作りながら頭皮に育毛剤を使用します。そして育毛剤をつけた後は育毛成分が頭皮に浸透するのをサポートするために手で頭皮を揉みほぐします。この時に指を立てると爪で頭皮を傷つける可能性があるので、指先を寝かせて柔らかい指の腹を使って頭皮を揉みほぐします。

用法用量を守る育毛剤

使用する量に比例して効果が高くなるとはかぎりません。特に医薬品に分類される育毛剤には副作用を発症する可能性のある成分が配合されているので、用法用量を守らないと頭皮の肌トラブルや倦怠感などの様々な副作用を発症する可能性があります。

育毛剤の効果的な使い方・2

用法用量を守る育毛剤

使用する量に応じて効果が高くなるとはかぎりません。特に医薬品に分類される育毛剤には副作用を発症する可能性のある成分が配合されているので、用法用量を守らないと頭皮の肌トラブルや倦怠感などの様々な副作用を発症する可能性があります。

長期間使用を続ける

薄毛や抜け毛を防ぐには頭皮環境やヘアサイクルなどを改善する必要があります。そのため副作用を伴うような強力な育毛剤を使用する場合でもすぐに効果が現れないので、最低でも3ヶ月程度は使用を続ける必要があります。

特に医薬部外品の育毛剤は副作用を発症するリスクがないかわりに効果が大きい育毛成分が使われていないので、効果を実感するまでに長い時間がかかります。

食事に気をつかう育毛剤

様々な成分が含まれていますが、髪の毛の材料になる栄養分などが体内で不足していると十分な育毛効果を得られません。そのためタンパク質や各種ビタミン、ミネラルといった髪の毛や頭皮の健康維持に必要な栄養分を、日々の食事でしっかりと摂取することが大切です。

健康的な生活をおくる

不規則な生活や運動不足などは頭皮環境を悪化させて育毛剤の効果を低下させるので、育毛剤の使用期間は健康的な生活を心がけることが大切です。またストレスは頭皮の血行を悪化させて薄毛や抜け毛を進行させるので、気晴らしになる趣味などでストレスを解消することが大切です。

20代でハゲが目立ち始めた場合

薄毛や抜け毛に繋がる症状は色々ありますが、基本的にハゲが目立ち始める時期は中高年です。そのため20代でハゲが目立ち始める理由は限られており、特に可能性が高いといえる症状がAGA(男性型脱毛症)です。

男性ホルモンの変異によって起きる症状なので、早ければ10代で発症して20代で薄毛や抜け毛が目立ち始めます。そしてAGAを発症した場合はミノキシジルなどのAGAに効果を発揮する成分が配合された育毛剤を使用しないと症状を改善できません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る