このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 薄毛対策は20代から!正しい洗髪方法や育毛剤の特徴などを徹底解説

薄毛対策は20代から!正しい洗髪方法や育毛剤の特徴などを徹底解説

237view

2018.05.27

20代からの薄毛対策・1

育毛剤の使用

育毛剤の効果は緩やかに現れるため、薄毛が目立つようになってから使い始めてもすぐに髪の毛を増やすことはできません。そのため将来の薄毛を防いだり、すでに発症している薄毛の症状を改善するには20代などの若いうちから育毛剤を使うことが大切です。

薄毛を予防するには海藻エキスなどが含まれた保湿タイプやビタミンB6などが含まれた皮脂抑制タイプ、そしてビオチンなどが含まれている毛母細胞活性タイプの育毛剤を使用することがおすすめです。

またAGA(男性型脱毛症)を発症した場合は頭皮の血行を促進するミノキシジルや、原因物質のジヒドロテストステロンを抑制する効果を持ったノコギリヤシなどが含まれている育毛剤を使用することが大切です。

しかしAGAの治療効果を持った成分は効果が強いため、副作用を発症するリスクがあるので使用には注意が必要です。

副作用を発症するリスクのない育毛剤は「化粧品」や「医薬部外品」、副作用を発症するリスクのある育毛剤は「医薬品」に分類されているため、購入時に確かめることが大切です。

生活習慣の改善

不規則な生活を送っていたり、高脂肪・高カロリーな食事を摂っていると、頭皮の皮脂分泌量が増加する場合があります。

そして余分な皮脂が頭皮の毛穴を塞いだり、皮脂をエサにする雑菌が繁殖して炎症が起きることによって髪の毛がやせ細って薄毛が進行したり、抜け毛が増加する場合があります。そのため薄毛の予防や改善には規則正しい生活を送ったり、栄養バランスの優れた食事を摂ることが大切です。

20代からの薄毛対策・2

育毛シャンプーの使用

一般的に使用されている市販の安いシャンプーには、頭皮環境を悪化させる可能性がある石油系の界面活性剤が配合されています。この成分は洗浄力が強すぎるので頭皮を守るために必要な皮脂まで洗い落とされてしまい、頭皮がダメージを受けやすい状態になってしまいます。そのため炎症などの薄毛に繋がる症状を発症するリスクが高まるという問題があります。

しかし育毛シャンプーには頭皮環境を維持しながら汚れを落とす効果を持ったアミノ酸系の界面活性剤が配合されている上に、髪の毛が必要とする各種ビタミンやミネラルといった栄養が豊富に配合されています。そのため薄毛を予防すると同時に髪の毛の健康を維持する効果を得られます。

また市販の安いシャンプーと違って基本的に保存料や着色料などの添加物が含まれていないので、洗髪によって頭皮が受けるダメージを最小限に抑えられます。

正しい洗髪方法

洗髪の前にブラッシングを行って頭皮や髪の毛に付着した汚れを取り除くことでシャンプーの泡立ちが良くなります。またブラッシングによって頭皮の血行を促進する効果を得られます。そして40度以下のぬるま湯だけを使って予洗いと呼ばれる洗髪を行います。

髪の毛や頭皮に付着した汚れの8割は予洗いだけで洗い落とせるので、予洗いを行うことで使用するシャンプーの量を減らせます。特に市販の安いシャンプーは頭皮にダメージを与える添加物が多く含まれているので、しっかりと予洗いを行って使用するシャンプーの量を減らすことが大切です。そして微量のシャンプーで髪の毛を洗う仮洗いを行ってから本洗いを行います。

シャンプーを直接頭部に付けると頭皮がダメージを受ける可能性があるので、手元で泡立ててから髪の毛に付けることが大切です。またシャンプーが頭皮に残っていると成分が毛穴を塞いだり、頭皮の炎症を引き起こすリスクがあるので、本洗いを終えた後は数分かけてしっかりとすすぎ洗いを行うことが大切です。

正しいドライヤーの使い方

ドライヤーを使う前にタオルドライで頭部の水分を吸い取ります。タオルでごしごしと頭をこすると髪の毛のキューティクルが剥がれ落ちるので、優しくタオルを押し付けるようにして頭部の水分を吸い取ります。そして温風が頭皮にダメージを与えないようにドライヤーを頭部から20~30cm程度離して髪の毛を乾かします。温風の熱は70度程度が理想的だといわれています。

そして完全に乾かすと髪の毛がパサパサになるため、少し湿り気が残っている状態で温風を止めて、最後に開いているキューティクルを閉じるために冷風を髪の毛に当てます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る