このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 男性向け育毛剤を使うときに気をつけることは? 4つの注意点

男性向け育毛剤を使うときに気をつけることは? 4つの注意点

215view

2018.05.16

副作用に注意

頭痛やめまい

男性向け育毛剤には、使用することで頭痛やめまいを引き起こしてしまうものがあります。これは、血管を拡張する効果による副作用であり、主にミノキシジルを含む商品でみられる症状です。

しかし、血管の拡張は、育毛のためには重要なポイントのひとつになります。なぜなら、血管を拡張して血の流れをスムーズにすることで、育毛のために必要な栄養を、しっかりと運ぶことができるからです。

育毛を促す毛母細胞は、栄養がたっぷりと供給されることで、活発に働くようになります。もし栄養不足の状態だった場合は、活動が低下してしまい、育毛効果は薄れてしまうのです。

育毛のためには、ミノキシジルの血管拡張作用により、十分な栄養を供給し続ける必要があります。そのため、ミノキシジルは多くの商品に使用されており、育毛剤の代表的な成分のひとつになっているのです。

ところが、血管の拡張による効果は、メリットだけではありません。育毛効果を高める一方で、頭痛やめまいなどの体調不良を起こしてしまうこともあります。もちろん、必ず副作用が出るわけではなく、ほとんどの人は問題なく使用していますが、可能性はゼロではないので、使うときは注意してください。

もし頭痛やめまいが起こってしまったときは、すぐに使用を中止し、医師に相談するようにしましょう。

炎症やかゆみ

男性向け育毛剤の副作用では、炎症やかゆみ、もしくは湿疹が出てしまうこともあります。そうした症状の原因となる成分も、やはりミノキシジルです。
これは、自分の肌に育毛剤が合っていないことで起こる症状です。肌と育毛剤の相性がよければ、頭皮のトラブルなどは起こらず、安全に育毛効果を得ることができます。

しかし、すべての人に合うわけではないので、まれにかゆくなったり、炎症を起こしたりするのです。特に、もともと肌が弱い人や、アトピー性皮膚炎を患っている人などは、合わないことが多くなります。そのため、いきなり使うのではなく、きちんとパッチテストをして、安全を確かめてから使うようにしましょう。

また、肌が弱い自覚があるなら、最初から刺激が少ない商品を選んでおくことも、対策になります。天然由来成分だけを使ったものなら、他の商品よりも肌への負担が少ないので、おすすめです。

抜け毛

男性向け育毛剤を使ったときは、抜け毛が増えてしまうこともあります。そんなときは、かなり焦ってしまうものです。育毛のために使ったつもりが、逆に抜け落ちてしまったのでは、驚くのも無理はありません。

特に、20代の若い男性の場合、抜け毛で髪の量が減るのは、避けたいところです。年配の人と違い、若くて髪が少ないという状態は、どうしても人の目が気になってしまいます。

しかし、だからといって、慌てて使用を中止するのはよくありません。

というのも、育毛剤を使ったときの抜け毛は、効果が出る前兆である場合が多いからです。いったんは抜け毛が増えたとしても、次第に抜ける量は少なくなり、しっかりと育毛剤の効果が出てきます。

そのため、少し抜け毛が増えたように感じても、すぐに使用を中止するのではなく、まずは様子をみるようにしましょう。あまりにも量が多く、なかなか治まらないときは医師に相談しなければなりませんが、育毛の準備段階である初期脱毛の場合は、問題なく効果が出てきます。

育毛剤の効果を確実に得るためには、この点もしっかり頭に入れて、効果的に使っていきましょう。

正しい使用方法を守る

使い過ぎは禁物

育毛剤は、多く使えば効果が高くなるわけではありません。適切な量を使用していれば、しっかりと効果を得ることができるのです。

しかし、髪が抜けたり薄くなったりすると、どうしても焦りが出てきます。「早く何とかしなければ」という気持ちが強くなりすぎると、つい大量に使ってしまうこともあるのです。

特に、若い人は注意するようにしましょう。20代くらいの人が髪の悩みを抱えている場合、年配の人よりも焦りや不安が大きくなってしまうものです。ある程度の年齢に達していれば、髪が少なくても年相応にみられますが、20代のうちから少ない場合は、目立つように感じるため、必要以上に気にしてしまいます。

そうなると、一刻も早く効果を得ようとして、大量の育毛剤を消費してしまうことが多いのです。

しかし、いくら大量に使ったところで、髪が生えてくるまでの期間が縮まることはありません。一般的なヘアサイクルでは、しっかり髪が育つまでには、3か月はかかります。そのため、育毛剤を無駄にしないためにも、適度な量を意識して使うようにしましょう。

また、先述のような副作用の可能性を考えれば、やはり大量に使うのは避けるべきです。まれなケースであったとしても、可能性がゼロではない以上、使いすぎには十分注意してください。

使用頻度が少ないのもよくない

育毛剤は、使いすぎではなく、使用量が少なすぎるのも、よくない使い方になります。これは、なくなるのがもったいないと感じ、2~3日置きくらいに使ってしまうというものです。

ひとつの商品を長くもたせようとした場合、こうした使い方をしてしまうことも多いですが、育毛効果を確実に得るためには、あまりおすすめできません。

なぜなら、育毛は継続することが基本だからです。少し使っただけで投げ出してしまうようでは、きちんとした効果を得ることはできません。毎日使い、しっかり継続してこそ、本来の効果を引き出すことができるのです。

また、品質の低下も気になるところです。普通は1~2ヶ月くらいで使い切るものですが、開封した状態であまり長く置いておくと、品質が下がり、効果にも影響が出てきます。

正しい方法を守っていれば、余計なデメリットが発生することはないので、使い方は常に意識しておいてください。

使う前に頭を洗う

育毛剤の効果を確実に得るためには、いきなり頭につけるのはよくありません。使用する前に、必ず洗髪を行ってください。

なぜなら、埃やゴミなどがついていると、雑菌が繁殖して、頭皮の状態を悪くしてしまうことがあるからです。頭皮の状態が悪化すると、正常な育毛効果が発揮できなくなります。

そのため、育毛剤をつけるときは、まず汚れを落とし、きれいにしてから使用することが大切なのです。特に、整髪料を使用している場合は、念入りに洗っておきましょう。

整髪料は、ヘアスタイルを整えると同時に、埃やゴミが付着しやすくなるというデメリットがあります。埃やゴミが多い状態で育毛剤を使っても、正しい効果を得ることはできません。整髪料も汚れもすべて落とし、まっさらな状態で使うことが、効果を高めるためのコツなのです。

また、事前に洗髪しておけば、余分な皮脂を落とすこともできます。皮脂は、通常なら乾燥を防ぐために必要なものですが、育毛剤を使うときは、浸透力を低下させてしまいます。それを防ぐためにも、洗髪は忘れずに行うようにしましょう。

確実につける

育毛剤は、適当につけていると効果が薄れてしまいます。つけるなら、しっかりと頭皮に届くような方法を意識しましょう。

例えば、噴射タイプの商品を使うときは、髪にばかり噴射してしまい、肝心の頭皮には届いていないことがあります。それでは、高い効果は期待できません。

育毛効果を引き出すためには、髪を分けるようにして、きちんと頭皮に届くような使い方をしましょう。確実に頭皮へ向けて噴射できれば、効果は高くなります。

また、一部分にだけつけるのも、よくない方法です。頭頂部につけて、あとは揉みながら広げる方法をとる人もいますが、それだと頭皮の一部にしか育毛剤がつきません。5~6か所はつけるようにして、なるべく頭皮全体に行き渡るようにしてください。

育毛剤は、正しくつけることで確実な効果が期待できるので、つけ方には常に注意しておきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る