このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 意外な効能もあり?男性用育毛剤の常用で得られる効果まとめ

意外な効能もあり?男性用育毛剤の常用で得られる効果まとめ

293view

2018.05.27

男性用育毛剤の常用で得られる効果

発毛・育毛効果

育毛剤という名称からもおわかりのように、育毛剤には新たに生まれてくる髪を育てる効果を持った様々な成分が豊富に配合されています。

中には、医療機関で処方される処方薬に使用されるような効果の高い成分も配合されているので、病院にわざわざ通ってまで治療を受けたくない方やその時間がとれないという方でも、安心して利用できる点が魅力です。

また、効果が強い反面副作用の発症リスクが高まる処方薬と比べ、市販の育毛剤では副作用の発症リスク自体が少ないことから、副作用といったリスクを減らしつつ日常的に使用する毛髪メンテの手段としても有効です。

頭皮環境の改善効果

育毛剤の多くには、毛髪を新たに育て今ある髪を健康な状態へと導く効果を持つ有効成分と共に、実は頭皮環境を常に清潔な状態に保つ効果を持った成分も合わせて配合されています。

頭皮は、体の様々な部位と比べても特に皮脂などの老廃物が体内から分泌されやすい部位の1つで、そこに髪が生えているため、これらの汚れがなかなか洗浄できず蓄積されてしまうケースも少なくありません。こうした汚れは毛穴詰まりを起こし健康な毛髪の育成自体を阻害してしまうことから、育毛剤には毛穴内部を綺麗な状態に保つ洗浄成分も同時に配合されています。

特に、20代~30代の新陳代謝が活発な時期を迎える年代の方ほど皮脂の分泌と堆積が急激に増加するので、髪を育てるだけでなく頭皮環境を改善する方法としても、育毛剤は有効な手法です。

髪を若返らせる効果

育毛剤に含まれる栄養成分には、既に毛髪を生やしている毛乳頭や毛根組織にも浸透します。これらの栄養素は、髪を黒く艶やかでハリのある状態に保つ上で欠かせない存在で、古くなった毛髪に多く見られる洗髪や大気中の汚れなど様々な外的要因による損傷を補修し、新たに発毛される毛髪と共に健康な状態に保つ若返り効果が期待できます。

特に、手グシでも髪通りが悪くなった毛髪ほど効果的なので、若々しさをキープしたいときにもおすすめです。

10代~20代までは体が持つ補修効果によりある程度の髪の健康維持が可能でしたが、最近では染色など髪を傷める機会が多いので、若い方も痛んだ髪を補修する方法として育毛剤の使用が有効です。

皮膚を乾燥から防ぎ柔らかくする効果

育毛剤の効果?とちょっと意外に感じてしまうかもしれませんが、育毛剤を常用することで得られる意外な効果の1つに、頭皮を乾燥から防ぎつつ頭皮自体を柔らかい状態へと導くというものがあります。

頭皮は皮膚の一種であり、腕や脚など他の部位の皮膚と同様、皮膚自体が一定量の水分やコラーゲンをキープすることでその柔らかさや柔軟性を維持しています。

ところが、頭皮環境が悪化することでこれらの成分が徐々に失われてしまい、結果、頭皮が突っ張って硬くなってしまいます。頭皮が硬くなると、乾燥が発生しフケの原因となるほか、最終的には健康な毛髪を育成する環境としても不適合な状態になります。

特に、10代20代の若い頃と比べ40代以降の中高年を迎える男性に頭皮の乾燥が多く見られるようになることから注意が必要です。

育毛剤に含まれるコラーゲンやビタミンが皮膚に適度な水分や保湿成分を与え皮膚を常に柔らかい状態にキープするので、冬場に特に多く見られる乾燥からのフケの発生を防ぎ、頭皮を常に柔らかい健康な状態に維持できます。

常用が基本の育毛剤

市販されているタイプの育毛剤の多くは、即効性ではなく使い続けることによって初めてうたい文句通りの効果が得られる遅効性のものばかりです。

このため、育毛剤を購入後、1週間程度の短期間だけ使用し続けても明確な効果が実感できるというわけではなく、最低でも1カ月以上は使い続ける必要があります。

特に、育毛効果自体は半年程度の継続利用が前提となっており、数回使っただけで目に見えて効果が感じられないと使用を中断するのではなく、継続性のある使い方が欠かせません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る