このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 20代でもAGA!?AGAに効く有効成分を知って薄毛対策しよう!

20代でもAGA!?AGAに効く有効成分を知って薄毛対策しよう!

248view

2018.05.27

AGA男性型脱毛症の発生メカニズム

AGAの歴史

20代AGA男性型脱毛症という名前が、世の中で聞かれるようになったのは、ごく最近のことです。薄毛を医学的分野から治療するという概念のもと、治療薬が開発されたことがきっかけとなり、この名前が世間一般で広く知られることとなりました。

薄毛になってしまうメカニズムは、遠く昔から解明されていましたが、治療をするという発想が生まれてからはまだ日が浅く、治療や対策への研究は今でも続けられています。AGAに多くの男性が悩まされ、薄毛改善のための対策をとっていますが、20代という若者も例外ではありません。

薄毛とは無関係と思われがちな年代ですが、早い人では青年期から悩まされ始めるというAGAに、悩まされている20代もたくさんいます。

AGAを発症するまで

AGAを発症してしまう原因は、5αリダクターゼと呼ばれる酵素にあります。この酵素がテストステロンという男性ホルモンと結びつき、ジヒドロテストステロンと呼ばれる、別の男性ホルモンに変化してしまうことで、薄毛を発症してしまいます。

ジヒドロテストステロンが発毛のサイクルを阻害して、大事なリズムを狂わせてしまうため、抜け毛が増え薄毛が進行していくのです。この現象を発症してしまう原因は、いまだはっきりと解明されていませんが、遺伝性や体質的なものが原因ではないかともいわれています。

AGA対策に効果のある育毛剤

5αリダクターゼを抑制

AGAが起こってしまうメカニズムからわかるように、この薄毛の症状を改善するためには、男性ホルモンや5αリダクターゼの働きを抑制しなくてはいけません。現在商品化され、市場に流通している育毛剤には薄毛のタイプに合わせ、アプローチ方法の異なる育毛剤が、たくさん存在しています。

血行を促進するものや皮脂分泌を抑制するもの、毛母細胞の活性化を助けるものまで、その効能と目的も様々です。また市場には、副作用の心配が少なく、安全性の高い育毛剤がたくさんあります。自分の薄毛のタイプを確認し、どんな部分にアプローチしてくれる育毛剤を選ぶといいか、じっくり比較検討することで最適な育毛剤を選ぶことができます。

AGA対策として育毛剤を選ぶときは、副作用の有無を確認し、男性ホルモンや5αリダクターゼの働きを抑制する育毛剤を選ぶことがポイントです。

効果の高い成分

育毛剤の種類はとても多いため、AGA対策としての育毛剤を選ぶポイントはわかっても、どんな育毛剤がそれに該当するのか、わからなかったりするものです。

副作用のリスクが低く、AGA対策として5αリダクターゼや男性ホルモンを抑制する働きがある成分には、下記のようなものがあります。

オウゴンエキスオウゴンエキス

シソ科のコガネバナの根から抽出された成分です。薄毛以外にも頭痛や腹痛、胃腸炎などにも効果があるとされ、漢方薬としてもその名を知られています。5αリダクターゼの働きを抑制するだけでなく、皮脂分泌を抑え、抗炎症の作用もあります。

イソフラボン

ヒオウギエキスアヤメ科の植物から抽出され、イソフラボンが主成分となった成分です。イソフラボンは女性ホルモンと同様の働きをするといわれ、女性ホルモンの働きを活発化させることで、男性ホルモン自体の分泌を抑えます。

ノコギリヤシノコギリヤシ

当初、男性の前立腺肥大の治療薬として活用されていた成分でしたが、のちに薄毛にも効果があるとわかり、育毛剤にも配合されることとなった成分です。5αリダクターゼの働きを抑える効果が広く認められたことから、サプリメントなどにも活用されている成分です。

キャピキシル

血行促進することで薄毛を改善する効果が高い、あのミノキシジルの数倍の発毛効果を持つとして注目されているのが、キャピキシルです。女性ホルモン同様の働きがあるイソフラボンが豊富に含まれ、女性ホルモンの分泌を活発化させながら、男性ホルモンを抑制します。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る