このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 育毛剤でAGAは改善できるのか?事前の予防で症状を抑えよう!

育毛剤でAGAは改善できるのか?事前の予防で症状を抑えよう!

232view

2018.05.27

AGA治療に医学の力は不可欠

男性の薄毛や抜け毛の状態で深刻な症状に、男性型脱毛症と呼ばれる症状があります。一般的にAGAと呼ばれているこの症状は、男性ホルモンが脱毛を促す物質に変化して発症する脱毛症であるため、男性ならば誰でも発症するリスクが存在します。問題なのは、20代という若い年代の人であっても発症リスクが存在することです。

20代でAGAになった場合には、早い段階で育毛剤などを使った対策をしないと頭皮の状況を改善することが難しくなります。中でもAGAの問題点として挙げられるポイントは、以下の2つです。

  • 自覚症状がない
  • 専門薬や手術でしか治療できない

そもそも、AGAは見た目には普通の薄毛の症状と変わりがないため、男性ホルモンを原因とした脱毛症であるということを自覚できない可能性が高いのです。AGAは、毛髪の成長サイクルを狂わせる働きがありますが、人間の健康状態に悪影響を与えるわけではありません。

頭皮の状態を悪くしていくだけの脱毛症であり、しかもその原因が人間にとって害のない男性ホルモンであるため自覚症状を認識することが難しいというポイントがあります。こうした特殊な環境下にあるため、実際に治療を行う際にも専門薬を利用しなくてはいけません。育毛剤の中には、こうしたAGAの治療に焦点を絞った製品が提供されています。

問題なのは、AGAに焦点を絞った製品はAGAにしか大きな効果が存在しない点です。AGAの治療を中心に開発された製品には、特殊な成分が含まれています。特に、医薬品に関しては女性が触れることができない成分もあります。育毛剤を利用する際には頭皮の状態をセルフチェックして、AGAの症状に該当していないのかを必ず確認しなくてはいけません。

仮に、AGAではないのにAGAの専門薬を使ってしまうと逆効果になってしまう恐れもあります。幸いにも、患者側がAGAという脱毛症が存在すると認識していれば、AGAを見極めるための簡易的なセルフチェック方法を利用できます。

これは、ハミルトンノーウッド分類と呼ばれている方法です。この分類法を利用すれば、素人であっても自分の頭皮の状況や脱毛症の分類を把握することができるでしょう。

医薬品以外の選択肢も探しておこう

AGAに関して重要なのは、治療ではなく事前の予防だという点です。というのも、男性ホルモンを抑制するための薬は効果が高い一方で、男性に対して良くない副作用を与えてしまう可能性があります。AGA治療薬の副作用は、全体の2%程度にしか現れないと発表されていますが、それでも副作用が存在しないわけではありません。

また、AGAを抑える薬には初期脱毛という古い髪の毛が抜け落ちる効果があります。継続的に利用しないと、初期脱毛の後に毛髪が再生しないこともあり得ますので、この点も医薬品の大きな難点の1つになっています。

専門薬を使わずに症状だけを改善する方法を検討することも大切です。確かに、専門薬や手術を利用しないとAGAを治療することは難しいです。しかし、副作用のない育毛剤を使ってその症状を遅らせることは不可能ではありません。

実際に、AGAの症状の出現の仕方は人によって全く異なります。同じ男性ホルモンの分泌量であっても、20代で症状が現れる人もいれば高齢になってようやく症状が出てくる人もいます。この違いは、日常生活の対応がどれだけAGAの発症に影響を与えているかにあると考えられています。

AGAの因子を持っていたとしても、日常生活の中で発症しないように注意をしていれば、実は脱毛症をできる限り先に延ばすことができるわけです。医薬品ではなくても頭皮に栄養を与える育毛剤はありますし、それを利用するだけでも育毛の役に立てることは可能だということを覚えておきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る