このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 育毛剤と養毛剤の特徴とは?育毛効果の兆候について!

育毛剤と養毛剤の特徴とは?育毛効果の兆候について!

236view

2018.05.27

育毛剤と養毛剤の違いとは?

将来の薄毛や抜け毛を予防するために、今から、頭皮ケア対策を始めてみようと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、ドラッグストアやネットなどでは、育毛剤や養毛剤が数多く販売されているため、何を基準にどれを選べばいいのか分からないという人もいるでしょう。

また、育毛剤と養毛剤は、年齢別に選ぶというものでもないため、20代だからといって、育毛剤、あるいは養毛剤が合わないというものではありません。

ここでは、育毛剤と養毛剤の特徴と違いについて、詳しく見ていくことにしましょう。

育毛剤の特徴と違いについて

頭皮や毛髪、毛根へ作用し、髪の成長を促す成分が配合されているのが、一般的な育毛剤の特徴です。育毛剤は、医薬品や医薬部外品に指定されているものが多く、その分養毛剤よりも高い育毛効果が期待できます。

そして、育毛剤は、髪を作る元となる毛母細胞や毛根細胞へ作用し、育毛をサポートしたり、頭皮の血行を促進したり、頭皮環境を整えて雑菌の繁殖を抑えたりする働きがあります。育毛剤の持つ効果は、配合されている成分によってそれぞれ異なります。

また、医薬品や医薬部外品の育毛剤に配合されている成分は、高い育毛効果が期待できる分だけ、副作用が出る可能性もあります。副作用の種類については、それぞれ配合されている成分によって異なります。

養毛剤の特徴と違いについて

いま現在生えている髪の毛の脱毛を防ぎ、髪を健やかに保つ効果が期待できるのが、養毛剤の特徴です。薬事法では、化粧品に分類され、美しい肌を保つ美容液やクリームなどと同じ部類に該当するもので、栄養成分や保湿成分などが主成分として作られています。

そして、育毛剤との違いは、配合されている成分の性質の違いによります。育毛剤より養毛剤の方が、刺激が少なく、人体にもたらす影響も少ないとされており、まず、副作用の心配などはいりません。

育毛剤と養毛剤のどちらを選べばいいの?

育毛剤は、病気の治療や予防に使われるものとされる医薬品や医薬部外品に分類されるのに対して、養毛剤は、作用が緩やかで副作用が少ないとされる化粧品に分類されます。そのため、効果だけをみると育毛剤の方が効き目がありそうですが、育毛剤の場合には、副作用が出る可能性も否定できません。

育毛剤と養毛剤のどちらを選べばいいのかについては、現状の毛髪のトラブルから、適したものを選ぶとよいでしょう。つまり、使用目的で選ぶようにします。

例えば、現在、抜け毛などは気にならない程度で、今ある毛髪や頭髪の健康を維持していきたいという場合は、養毛剤を使用するのがいいでしょう。また、逆に、抜け毛などの毛髪トラブルがあり、抜け毛を防ぎ、育毛ケア対策をしたいと考えているのであれば、その毛髪トラブルに適した成分が配合された育毛剤を使用するといいでしょう。

また、育毛ケアを始める場合には、20代の早期から始めるのがおすすめです。将来を見据えて、いつまでも健康的な髪を保ち続けるためには、20代から自分に適したものを上手く利用していくことで、抜け毛や薄毛を防ぐ効果が期待できるからです。

育毛剤を使用した場合の育毛効果の兆候について

自分に適した育毛剤を一定期間使用した場合、育毛効果がある場合にはある兆候が現れます。
育毛効果の兆候については、以下のようなものがあります。

  • 細い抜け毛が減ってくる
  • 髪にコシが出る
  • 髪が強く丈夫になる
  • 髪の根元にハリが出る
  • 髪に触れた時に弾力を感じる
  • 髪型のセットがしやすくなる
  • 髪型が崩れにくくなる
  • 髪にボリューム感が出てくる
  • 髪の分け目が目立ちにくくなる

以上に該当する場合には、少しずつ育毛効果が現れていると考え、育毛剤の使用を継続しましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る