このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 20代で薄毛が気になり出したらすぐにでも育毛剤を使うべき?

20代で薄毛が気になり出したらすぐにでも育毛剤を使うべき?

278view

2018.05.27

実は20代からの薄毛の悩みを抱えている人は多い

薄毛は加齢によってのみ引き起こされるわけではない

20代からの薄毛、いわゆる若ハゲについては繊細な問題だけに、あまり世間で積極的に議論されることはありません。しかし実際には若いうちからの薄毛に悩んでいる人は想像以上に多いのです。

一般的に頭髪が薄くなっていくことには年齢の影響が大きいとされていますが、加齢とは関係なく進行してしまう薄毛も存在しています。よく知られているのはストレスによる脱毛症です。円形脱毛症といったストレス由来の薄毛は若い人であっても十分に起こり得るものですので、職場や家庭などの生活環境に問題を抱えている人は特に注意をする必要があります。

また、頭皮の傷みによって脱毛が進行してしまう場合もあります。直射日光に長く晒されていたり、海風や海水で頭皮にダメージを与え続けていると20代から頭髪に影響が起こることも考えられるでしょう。

そして、男性によく見られる症状として男性型脱毛症と呼ばれるものがあります。通称AGAと呼ばれている男性型脱毛症は10代や20代のうちから発症することもあり、なるべく早期に対策を取ることが求められます。

男性型脱毛症への効果的な対処法

AGAの特徴としてよく挙げられるのは、頭髪が額の生え際から後退するように薄くなっていく、M字ハゲの状態になることです。20代のうちにこのM字ハゲが目立つようになってきたらAGAを強く疑った方が良いでしょう。

また、AGAは遺伝による影響が大きいとされています。確実な要素ではありませんが、父親や祖父などにAGA特有の薄毛が見られる場合には実際にAGAの兆候が現れる前から警戒しておくことをおすすめします。

AGAについては医学的に進行を完全に止めることは難しいとされています。しかし、頭皮の清潔な環境を整え十分な栄養を頭髪に与えるように配慮しておけば、進行を格段に遅らせることは可能になります。そして、その際にはシャンプーや育毛剤といった頭皮と頭髪をケアするアイテムの効果的な使い方も重要になってくるのです。

正しいシャンプーと育毛剤の使い方と副作用について

育毛剤はあくまで髪を守って育てるもの

薄毛対策にシャンプーや育毛剤を選ぶ際にありがちな話として、発毛と育毛を取り違えてしまうという失敗があります。

発毛剤というものは確かに存在していますが、それは一般的にイメージされるような髪がフサフサと生えてくるといった魔法の薬ではありません。そして育毛剤は発毛剤ともまた異なり、今ある毛髪を強く太く育てることを目的としています。つまり、すでに毛髪がなくなってしまった箇所に塗布したとしても大きな効果は望めません。

育毛剤は薄毛が気になり出したその時から、手遅れにならないうちに使い始めるのがベストでしょう。

シャンプーについても、今ある毛髪を傷めることなく頭皮の環境を整えるタイプのものを選ぶことが大切になります。そしてシャンプーの値段や成分以上に、洗髪の正しい手順を守ることが頭皮を守るためには効果的となります。

育毛剤の副作用を考えておく

育毛剤は使用法を間違えなければ安全に頭髪のケアを行うことができるようになっています。一般的に、育毛剤を使い過ぎると逆に毛根にダメージを与えたり、今ある毛髪の元気を奪ってしまうといった認識をされることもありますが、余程おかしな使い方をしない限りはそこまでの副作用は起こりません。

むしろ副作用として深刻なのは、心理的に育毛剤の存在に頼ってしまい他の基本的な薄毛対策が疎かになってしまうことでしょう。

頭皮を守ることと栄養をきちんと摂取すること、これは育毛剤を使っていたとしても絶対に欠かしてはいけない要素です。特に20代から将来に渡って自分の頭髪を守っていくのであれば、日々の小さな積み重ねが何よりも意味を持ってくるはずです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る