このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 20代で薄毛になる原因は?20代でも効果のある育毛剤の選び方

20代で薄毛になる原因は?20代でも効果のある育毛剤の選び方

224view

2018.05.27

20代の男性が薄毛になる原因

男性ホルモンによるもの

20代の薄毛の原因として最も多いのが男性ホルモンによる影響です。これはAGA(男性型脱毛症)といわれ、その原因はジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる物質です。ジヒドロテストステロンは男性ホルモンのテストステロンが5-aリダクターゼと呼ばれる酵素と結合することによって生成されます。

薄毛の人はジヒドロテストステロンの分泌量が多く、その原因は遺伝によるものが大きいとされています。

生活習慣の乱れによるもの

20代の男性は、偏った食事、不規則な生活による睡眠不足、運動不足、ストレスなどといった生活環境の乱れが特に起こりやすい世代です。「まだ若いから大丈夫」といえどこのような生活環境の乱れが長く続くと、体に大きなダメージを与えることは必至です。髪の毛も同じです。

生活習慣の乱れは、健康的な髪が生成できないというだけでなく、髪が育つ頭皮環境にも悪影響を与えます。AGAなど遺伝的なものがなくても、日々の不摂生の積み重ねが、薄毛を引き起こしていることもあるのです。

頭皮や髪への負担の蓄積によるもの

20代の薄毛の原因として上げられるものの1つに、頭皮への負担の掛けすぎがあります。10代や20代はオシャレにも敏感になる世代。ヘアカラーやパーマ、脱色などを繰り返すことは髪に負担をかけるだけでなく、地肌にも悪影響を与えてしまいます。

また、シャンプーにも薄毛を引き起こす原因はあります。石油系界面活性剤を使用しているものや必要以上に肌の油分を落としてしまうもの、刺激の強いものなども、頭皮にダメージを与える原因になります。このように髪と地肌への負担が加わることによって、薄毛を引き起こすということも十分考えられます。

20代の育毛剤の選び方

男性ホルモン対策の育毛剤を選ぶ

20代の薄毛男性に一番多いのがAGAです。このAGAを改善させる為には、男性ホルモン対策が取られた育毛剤を選ぶことが最も効果的です。AGAの改善を目的としている育毛剤には、ジヒドテストロン生成の元となる5-aリダクターゼの働きを抑制するものがあります。この働きによりジヒドテストステロンの生成自体も抑えられるので、AGA対策に非常に効果が期待できます。

頭皮環境を改善する効果の高いものを選ぶ

20代の薄毛の場合、頭皮環境の乱れが薄毛につながっていることも多いので、頭皮に効果のある育毛剤を選ぶこともおすすめです。細胞もまだ若いため、頭皮の環境を正常化することで薄毛や抜け毛なども減少する可能性もあります。また育毛剤だけでなく、シャンプーなど頭皮環境を改善する効果の高いものを選ぶと良いでしょう。

コストパフォーマンスの良いものを選ぶ

育毛剤は使用してすぐに効果があるものではありません。効果を感じるのに早くて3カ月、長ければ半年以上もかかることも。また、効果があったとしてもすぐにやめるのではなく、継続して使用することが大切です。毎日続けるものだから、無理なく使用できるコストパフォーマンスのよいものを選ぶことが大切です。

効果の高い育毛剤は副作用が起こることも

育毛剤を選ぶ時、効果の高い成分が配合されているものを選びがちですが、効果が高いということはそれだけ副作用も多いということも忘れてはいけません。20代の薄毛の場合、効果の高い成分が配合されているものを選ぶというのが、必ずしもベストではありません。

副作用が起きてしまうと、育毛どころか逆に肌を傷付けてしまい髪が育ちにくい環境となる可能性もあります。リスクを考えて育毛剤を選びましょう。また育毛剤だけでなく、生活環境を見直すことも重要です。

育毛剤で外から十分なケアを行ったとしても、健康的な毛髪を作る環境がなければ結局は同じことです。育毛剤で十分なケアを行うと同時に、生活環境を改善することが大切です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る