このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 2大成分配合!フィンジアの効果や育毛するメリットまとめ

2大成分配合!フィンジアの効果や育毛するメリットまとめ

224view

2018.05.27

キャピキシルとピディオキシジル

キャピキシルとは

AGA対策としてよく用いられているのはミノキシジルですが、そんなミノキシジルの3倍の効果を持つといわれているのがキャピキシルです。キャピキシルはアカツメクサとアセチルテトラペプチドから合成されており、どちらも薬用ハーブとして使用されていたり強力なアミノ酸を持っていたりと素質十分な成分です。

この2つが結びついてできている成分だからこそ、ミノキシジル以上の効果が期待できると評価されています。ただし、単純にミノキシジルと比較できる効果ではなく、発毛サイクルを整え失われた毛根を復元することに視野を向けているのがキャピキシルです。ミノキシジルの上位互換ではないので、その点は勘違いしないように注意しましょう。

キャピキシルと副作用

気になる副作用ですが、キャピキシルは先程挙げた原料のように天然草から抽出されています。そのため、人によっては多少の反応は出るかもしれませんが、ミノキシジルほどの強い副作用の心配は必要ありません。この副作用の心配が少ないこともキャピキシルの大きなメリットであり、フィンジアが推奨されている理由でもあります。

ピディオキシジルとは

新しいスカルプ成分として注目されており、効果の浸透力から期待できる成分です。いくら頭皮に良い成分とはいえ、頭皮によく浸透しないのでは意味がありません。20代から頭皮を守るためには、高い浸透力が必要なのです。その点育毛剤に配合されているピディオキシジルは、元々育毛に役立つためにと開発されたこともあり高い浸透力で育毛環境を整えます。

また、20代のように若くして頭皮の血管が縮小している方は、必要な栄養素を頭皮に届けることができない危険性を無視できません。そんな血管を拡張し、普段の食事やサプリメント、育毛剤の力を行き届かせる効果をピディオキシジルは持っています。また、キャピキシルと同様に毛根を再度働かせる力もあるため、毛根の復活という意味でも大きな役割を持ちます。

ピディオキシジルと副作用

新しい成分であるため絶対的なデータは不足していますが、それでも心配するほどの副作用はありません。少なくとも、比較対象としてよく挙げられるミノキシジルほどではありません。しかし、慎重に使用して損はないので、これから使用される方は経過をよく観察しましょう。

その他のフィンジアの特徴

カプサイシン

先程挙げた2つの成分ですが、この成分をより体内にアクセスしやすいよう柔軟化させるのがカプサイシンの役割です。ピディオキシジルやキャピキシルが通りやすいように道を作ることがカプサイシンの役割であり、これらの相乗効果によってフィンジアは本来の力を発揮できます。

育毛剤が持つポテンシャルを少しでも無駄にしないよう開発されているのが、フィンジアの強みでもあります。

10種類の成分

目新しい成分だけでなく育毛剤として欠かせないセンブリやヒオウギなども配合されています。これらは20代の頭皮にも力強く作用し、健康的な頭皮を作り出す要因になります。

こうした既存の成分による基盤がしっかりとしているからこそ、新しいピディオキシジルなどが浸透しやすくなり、より確かな効果が期待できます。選び抜かれた10種類の成分なので、他のメーカーと比較して数は少ないかもしれませんが、効果で劣るわけではありません。

確かなサポート

育毛剤には欠かせない返金保証ですが、フィンジアでも採用されています。購入方法も定期便やお試し単品購入など幅広いので、購入しやすい形で手元に用意できるでしょう。また、育毛剤を購入したことがバレないよう、ダンボール箱も無地タイプが使われている配慮も見逃せません。

細かいところで利用者に向けた配慮を行っており、安心して使用できる点もフィンジアの魅力となります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る