このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 20代男性が育毛剤を使うときの注意点は? 4つの大切なポイント

20代男性が育毛剤を使うときの注意点は? 4つの大切なポイント

342view

2018.05.12

食生活の乱れに注意

食事の栄養は重要

20代の若い人が育毛剤を使うときは、普段の食生活を見直してみることをおすすめします。というのも、食事は、育毛剤の効果を高めるための重要なポイントになるからです。

人間の毛髪は、主にタンパク質で構成されているものであり、育毛のためには、十分な量のタンパク質が必要不可欠になります。タンパク質が足りないということは、髪の材料がないことと同じであり、いくら育毛剤を使ったとしても、思うように効果を得ることができません。

そのため、育毛を成功させるためには、毎日しっかり食べて、タンパク質をたっぷりと補給することが大切です。ただし、タンパク質だけを摂取すればよいわけでもありません。

毛髪のタンパク質は、多くのアミノ酸が結合してできるものですが、その結合を行うには、ビタミンやミネラルといった栄養素が必要になります。つまり、ビタミンやミネラルもすべて漏らさず摂取することが、本当の意味でタンパク質を補給することになるわけです。

また、タンパク質といえば肉ですが、それには脂質も多く含まれるため、食べすぎれば太ってしまいます。それだけでなく、皮脂の増加により毛穴が詰まり、せっかく塗った育毛剤が浸透しなくなる可能性もあるのです。

こうした注意点を考えれば、タンパク質の摂取ばかりにこだわり、偏った食事になることは避けなければなりません。育毛のためには、バランスのよい健康的な食事を意識することが大切なのです。

20代は食生活が乱れがち

育毛剤の効果をしっかり得るためには、バランスのよい食事で、そのための栄養をしっかり補給する必要があります。しかし、20代だと、そうした健康的な食生活を送るのが難しくなることも多いのです。

例えば、社会に出て一人暮らしを始めるのは20代になりますが、そのときにバランスのよい食事をするのは、簡単なことではありません。初めての一人暮らしなので、普段から家事をしていた人でもなければ、コンビニ弁当や外食などで済ませてしまうことが多くなります。

また、たとえ料理が得意だったとしても、仕事が忙しい場合などは、時間を節約するために適当なものを選んでしまうものです。

さらに、飲み会などに参加する機会が増えるのも、20代の特徴になります。そうなれば、自然と外食は多くなり、食事のバランスなどを考えて食べることは、かなり少なくなってしまうのです。

このように、20代男性には、食生活を乱す要因が多くあるため、しっかり意識していないと、育毛のための栄養を補給することはできません。

確実な育毛のためには、普段自分が何を食べているのか、よく考えてみてください。もし偏った不健康な食事をしているなら、それを見直すことが、効果を高めることにつながります。いきなり完璧な食生活をするのは無理でも、まずは自分にできそうなことから始めて、コツコツと進めていきましょう。

たっぷり睡眠をとる

眠りが育毛効果を高める

育毛剤を使うときの注意点としては、毎日の睡眠時間もあります。睡眠と育毛効果は、一見すると関係が薄いように思えますが、実はとても重要なポイントなのです。育毛のためには、体内の成長ホルモンが必要になります。成長ホルモンは、毛髪や皮膚、臓器や細胞などの成長を促すものです。

そのため、もし成長ホルモンが不足していた場合は、育毛にも影響が出てきます。育毛剤を使っていても、成長ホルモンが十分に働かなければ、効果を高めることができません。

また、成長ホルモンには、ダメージを受けた部分の修復を促す役割もあり、毛髪だけでなく、体全体の健康を保つためにも重要なものになります。

そして、成長ホルモンを分泌するために必要となるのが、睡眠です。成長ホルモンが多く分泌されるのは、眠ってから2~3時間くらい経過した頃になります。成長や修復といった重要な働きをするには、そこからさらに2~3時間が必要です。こうした睡眠中の体の動きが、育毛によい影響を与えてくれます。

しかし、睡眠時間が極端に少ない人の場合、成長ホルモンの効果を期待することはできません。例えば、忙しすぎて3時間しか睡眠がとれない場合、ちょうど成長ホルモンが分泌されたところで時間切れになってしまい、そこから先の成長や修復は、満足に行うことができないのです。

5時間というのも、ギリギリで足りなくなる可能性があります。成長ホルモンの分泌と、毛髪の成長やダメージの修復をすべて行うためには、6時間以上の睡眠時間が必要です。

20代は睡眠時間に注意

育毛剤の効果を高めるには、睡眠中に分泌される成長ホルモンと、その働きが必要不可欠な要素になりますが、20代男性の場合、睡眠時間をしっかり確保できないことがあります。

先述したように、20代は初めて社会に出る時期であり、学生のときにはなかった楽しみを見つける人も多いですが、それが睡眠時間を減らす原因になってしまうのです。その楽しみとは、仕事の同僚や友人と飲酒をすることになります。

この楽しみを満喫するためには、必然的に夜の時間を多くとることになりますが、そうなると、睡眠時間は少なくなってしまうのです。仕事が忙しかったりすると、遅い時間から飲み始め、ほとんど睡眠をとらずに出勤するような人もいます。

しかし、そのような生活をしていると、育毛のためにはよくありません。効果を高めるためには、なるべく睡眠時間を多く確保して、成長ホルモンを分泌させることが大切です。

もちろん、20代の人がすべて乱れた生活をしているわけではありませんが、初めての一人暮らしで自由を感じていると、無茶な行動をとってしまうことも多くなります。普段の生活には、十分注意してください。

使いすぎない

20代の男性が育毛剤を使うときは、量に気をつけることが大切です。若い人の場合、一度に大量の育毛剤を使ってしまうことがあります。というのも、若い男性が髪の悩みを抱えている場合、そのことを必要以上に気にしてしまうからです。

20代で髪が薄くなってしまうと、大きなショックを受けることがあります。その可能性はゼロではないとわかっていても、実際になってみると、落ち込んでしまうものです。

年配の人なら、加齢のために髪が薄くなっている人は珍しくありませんが、20代で薄毛の人は、それほど多いわけではありません。そのため、若くして髪の悩みを抱えていることが、大きなストレスになってしまうのです。

この場合、育毛剤を使うときは、かなり焦ってしまうことがあります。「早く何とかしなければ」「もっと効果を高めたい」という思いがあると、適量を無視して大量の育毛剤を塗ることになるわけです。

しかし、育毛剤を大量に使っても、効果が高くなることはありません。育毛剤で髪が育つ時間は、一般的に3か月くらいであり、どんなに大量に塗ったとしても、それを短縮することはできないのです。

副作用について

育毛剤は基本的に安全なものであり、多くの人から重宝されていますが、副作用がまったくないわけではありません。

栄養をしっかり運ぶために血管を拡げる作用は、まれに頭痛やめまいを引き起こします。また、肌が弱い人などは、育毛剤の成分が合わず、かゆみや炎症を起こしてしまうこともあるのです。

そうした副作用が起こることは少ないですが、なるべく安全に使いたいなら、大量に塗るのはやめましょう。適量なら問題なく使用できても、常識的な量を逸脱していれば、何が起こるかわかりません。余計なリスクを増やさないためにも、量には気をつけて使用しましょう。

継続する

育毛剤を使うなら、すぐ諦めるのは禁物です。先述したように、髪がしっかり生えてくるまでには時間が必要であり、それには約3か月かかるため、使い始めたのなら、3か月は様子をみるべきです。

なかなか効果が実感できないと、しびれを切らして諦めてしまうこともありますが、ある程度は継続しないと、本当の効果はわかりません。育毛には根気も必要なので、じっくり取り組んでみてください。

また、続けやすい商品を選んでおくことも、成功のためのポイントです。あまり高級なものを買っても、金銭的に苦しくなり、途中でやめることになったのでは意味がありません。選ぶ段階から注意して、継続することを想定した適切な商品を購入しておけば、成功しやすくなるのです。継続しやすい育毛剤を使い、確実な効果を狙っていきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る