このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 育毛剤が薄毛改善に効果的な理由とは?効果的な使い方も解説!

育毛剤が薄毛改善に効果的な理由とは?効果的な使い方も解説!

351view

2018.05.16

育毛剤が薄毛改善効果に期待できる理由とは?

薄毛になる原因の一つに頭皮環境の悪化があります。髪の毛が生えてくる部分は頭皮になるので、頭皮環境が悪くなれば当然薄毛になりやすくなります。そのことに注目したのが育毛剤で、育毛剤は頭皮環境を整える働きがあります。

人間の皮膚からは皮脂が分泌されていますが、頭皮からも皮脂は分泌されています。髪を洗わないでいると皮脂や汚れが毛穴に詰まり、頭皮環境は悪くなって髪の毛は抜けやすくなり、薄毛の原因になってしまいます。

そのことから、皮脂が出ない方が良い気がしますが、皮脂は皮膚のバリア機能にもなっており、外からの雑菌や刺激から皮膚を守っています。また、皮膚の乾燥を防いだり、適切な湿度を維持する働きもあります。そのため、皮脂は頭皮環境を整えるのに必要な物質になります。

髪を洗わないで不衛生にすることは薄毛の原因になりますが、逆にシャンプーをしすぎても薄毛の原因になってしまいます。それは、シャンプーのしすぎにより、頭皮に必要な皮脂までもが洗い流されてしまうからです。つまり、薄毛を防ぐには、頭皮を清潔にしてバリア機能を維持することが大切になります。

育毛剤の成分は、シャンプーによって流れた皮脂の代わりに頭皮を守ってくれます。育毛剤は頭皮を保湿するだけでなく、頭皮に良い栄養成分を直接与えることも可能です。シャンプーのしすぎは逆効果になりますが、育毛剤を使って薄毛予防をするには、頭皮の清潔を維持することが大切です。

それは、頭皮が汚れていると育毛剤の成分が浸透しにくくなるためです。衛生的な頭皮をキープすることにより、毛穴にも育毛剤の有効成分が届き、健康的な髪を育てられる状態になります。

育毛剤を効果的に使う方法

育毛剤を使う効果的なタイミングはいつ?

あなたは、育毛剤を使うタイミングを考えていますか?育毛剤には効果的な使うタイミングがあります。そのため、ただ単に育毛剤を使うのではなく、効果的なタイミングで使うことをおすすめします。

育毛剤を使う効果的なタイミングは、夜です。人間は寝ている時に成長ホルモンが多く分泌され、身体の成長や修復を行います。その際、髪も成長するため、寝る時間に合わせて使うと良いでしょう。

育毛剤を使った後は頭皮マッサージをしよう

頭皮は加齢により硬くなりやすく、その原因は血流の悪化といわれています。頭皮が硬くて血流が悪いと、抜け毛や薄毛の原因になります。若い20代の頃から頭皮マッサージを行っていれば、薄毛の予防になります。薄毛が心配な30代40代の方だけでなく、20代の方も頭皮マッサージを行うようにし、頭皮を硬くしないようにしましょう。

頭皮マッサージは、育毛剤を使った後に行うと良いです。爪は立てずに、指の腹でゆっくりと優しく揉んでいきます。爪を立てる方はいないと思いますが、爪を立ててマッサージをすると頭皮が傷ついてしまいます。

頭皮が傷つけば、健康的な髪が育ちにくい環境になってしまいます。頭皮を傷つけてしまうと、育毛剤が使えなくなる場合があるので、頭皮マッサージをする際は指の腹を使って優しく揉むことが大切です。

頭皮マッサージは、人によっては「面倒くさい」と感じる方もいますが、頭皮マッサージをすることによって育毛剤の効果が出やすくなることが期待できます。育毛剤を使っていない方は、お風呂場で髪を洗うついでに頭皮マッサージすると良いでしょう。

毎日適度に頭皮マッサージをすることにより頭皮は柔らかくなり、血流は良くなります。そのことによって薄毛になるのを防ぎやすくなるので、20代から頭皮マッサージを始めることをおすすめします。

間違った考え方による育毛剤の使用には注意

育毛剤は魔法の道具ではないので、即効性はありません。育毛効果を感じるには長い期間使い続ける必要があります。そのため、「育毛剤を使っているけど、全く効果がない」などといって、1、2ヶ月で使用を中止するのはおすすめできません。

育毛効果を感じるようになるまでの期間は人それぞれですが、ヘアサイクルを考えると最低でも半年は待った方が良いでしょう。最低3ヶ月待った方が良いという方もいますが、3ヶ月で効果が出ない人はたくさんいます。そのため、「この育毛剤は効果がない」と感じていても他の育毛剤に変えないで、半年は続けることをおすすめします。

長い期間育毛剤を使用しても効果がでない場合は、他の育毛剤に変えても良いでしょう。

では、なぜ育毛剤の効果を感じるには長い期間かかるのかというと、それはヘアサイクルが関係しているからです。髪には「毛周期」というヘアサイクルがあり、成長期・退行期・休止期の3つの期間を繰り返しています。そのサイクルを分かりやすく説明すると、髪が生えて成長し、抜け落ちるまでの周期のことになります。

髪が成長しなくなってくる退行期や、寿命を迎えた髪が抜け始める休止期に、育毛剤の効果を感じないと間違って思い込み、育毛剤を使うのを止めたり、他の育毛剤に変えたりする人は意外と多くいます。しかし、休止期は成長期がくるまでの準備をしているため、我慢して気長に使い続ける必要があります。

副作用によって頭皮に異常が現れた場合は、すぐに育毛剤の使用を止め、速やかに皮膚科で診てもらいましょう。それと、種類の違う育毛剤を複数使うことにより副作用が起きてしまう場合があります。違う種類の育毛剤を複数使用しても、育毛効果が高くなるとは限らないので、副作用を防ぐためにも複数の使用は止めましょう。

育毛剤の効果を出すには生活習慣も大切

普段の生活習慣が悪いと、育毛剤を使っていても育毛効果を得るのは難しいかもしれません。薄毛を防ぐには育毛剤を使うだけでなく、普段の生活習慣を見直す必要もあります。その生活習慣とは、食事・睡眠・運動などです。

栄養バランスを考えて食事をしよう

身体を作っているのは食べ物の栄養素で、髪を作るのにも栄養素が必要です。そのため、栄養が偏った食生活は髪に良くありません。栄養バランスを考えて、タンパク質や炭水化物、ビタミンやミネラルなどバランス良く摂ることが大切です。栄養をバランス良く摂ることが難しい場合は、サプリメントを利用しても良いでしょう。

しかし、サプリメントは栄養摂取をサポートする物のため、あくまでも食べ物から栄養を摂るのが基本です。そのため、サプリメントに頼り過ぎないようにしましょう。

睡眠不足に注意し適度な運動をしよう

身体の修復や成長は主に睡眠中に行われます。そのため、健康的な髪を成長させるには睡眠をしっかりとることが大切になるので、睡眠時間が短い人は睡眠をしっかりとりましょう。ただ睡眠をとるだけでなく、睡眠の質も大事になるので、質の良い睡眠がとれるように睡眠環境を整えることをおすすめします。

そして、健康的な髪を育てるには適度な運動も必要です。適度な運動は血流を良くし、髪に必要な栄養素や酸素を頭皮に届けやすくします。また、適度な運動をすることにより適度に身体は疲れ、眠りやすくなります。普段運動をしない方は、ウォーキングやジョギングなどをすると良いでしょう。それらの運動をするのが難しい方は、ストレッチでもかまいません。

タバコは良くない

タバコの煙には、化学物質が4,000種類含まれており、その中には有害物質が200種類以上含まれています。そして、有害物質の一つであるニコチンは血管を収縮させます。血管が収縮すると血流は悪くなり、頭皮に育毛に必要な栄養や酸素が届きにくくなります。それが、抜け毛や薄毛の原因になってしまうため、タバコを吸っている方は禁煙することをおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る