このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 その育毛剤で大丈夫!?20代の薄毛に効果のある育毛剤の効能とは?

その育毛剤で大丈夫!?20代の薄毛に効果のある育毛剤の効能とは?

236view

2018.05.27

若年層の育毛剤の選び方

若年層にも現れる薄毛

薄毛を病気の1つとして捉え、その治療を施すために開発された薬が元となり、AGA男性型脱毛症という名前が世の中に広がりました。これを機に、育毛業界における薄毛対策への研究も加速し、今や様々な薄毛対策商品が市場に出回る時代です。

薄毛の症状は、主に中年以降から始まることが多いものですが、若年層においても、薄毛の症状が現れる人もたくさんいます。年齢が低ければ低いほど、薄毛の症状が現れてしまうと悩みが深くなり、深刻化してしまうのも事実です。20代であっても、もし薄毛に気づいた時は悩む前に、何かしらの対策をとることで、その症状を遅らせることもできます。

育毛剤を選ぶ基準

20代という若い世代でも、すぐに取り掛かれる薄毛対策は、育毛剤や育毛シャンプーの使用です。店頭やインターネットの通信販売などで、簡単に育毛剤が入手できる時代ですが、初めての育毛剤となれば、どんなものを選べばいいのか誰でも思い悩むことでしょう。
20代の人が育毛剤を選ぶ際には、どんなことに気を付けて選ぶといいのでしょうか。

配合されている成分

育毛剤や育毛シャンプーを選ぶうえで、配合されている成分を確認せずして、目的に合ったものを選ぶことはできません。自分の薄毛に対して、有効的な成分がしっかり配合されているかどうかを成分表示で確認します。

配合成分には、厚生労働省によって認可されたものや、その内容によって医薬品扱いをされるものもあります。

副作用の有無

口に入れるものや肌に直接塗布するものは、薬品ではなくとも、体が何かしらの反応を示す可能性があります。重篤な症状となって現れるものを副作用といいますが、育毛剤や育毛シャンプーにも、起こり得る可能性はあり、全くないと言い切れるわけではありません。

副作用の可能性があるのか、あればどんな症状となって現れるのか、事前にインターネットなどを駆使して調査すると、安心して使用できます。

コストパフォーマンス

薄毛が改善されるなら、費用はいくらかかっても構わないと言いたいところですが、20代という年代を考えると、それは難しい話でしょう。育毛剤は、根気強く使用を続けることでようやくその効果を発揮するため、短い期間の使用では、効果があるのかないのかさえもはっきりしません。

とれなれば、継続して使用することが前提となり、それなりの費用が掛かることを考えれば、コスパは無視することのできない重要な要素です。含まれている用量や費用を、じっくり比較検討しながら選択する必要があります。

育毛剤の効能

育毛剤は、薄毛の原因に対する働きかけ方により、種類が分かれてきます。それは、薄毛の原因となっているものが様々だからです。自分の薄毛のタイプをしっかり把握し、その薄毛を改善するためには、どんな効能がある育毛剤を選べばいいのかを学ばなくては、効果を発揮するものを選ぶことができません。育毛剤の主な効能には、次のようなものがあります。

男性ホルモン抑制型

薄毛の原因の中には、男性ホルモンが大きな関わりをもっているものもあります。中でもジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンや、これを生み出す元となる5αリダクターゼと呼ばれる酵素を、抑制するタイプの育毛剤です。このタイプの育毛剤は、AGA男性型脱毛症に特に効果的に働きます。

血行不良改善型

頭皮の血行状態は、発毛に大きな影響を与えます。頭皮が血行不良を引き起こしていると、発毛の重要なサイクルを担う毛乳頭に、充分な栄養素と酸素が行き届かなくなるからです。毛細血管を拡張させ、血行不良を改善し、スムーズな血行を促すタイプの育毛剤で、ミノキシジルやセンブリエキスなどの成分が配合されています。

栄養補給型

発毛のためのサイクルに重要な働きをするのが、毛根部にある毛乳頭と毛母細胞です。毛細血管から栄養や酸素を受け取った毛乳頭が、毛母細胞を刺激することで活性化が始まり、発毛のサイクルがスタートします。そんな発毛のサイクルの元となる毛母細胞に、不足しがちな栄養素を補給する役割を果たすタイプの育毛剤です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る