このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 20代から始める薄毛・抜け毛ケアにおすすめの4つの成分と育毛剤

20代から始める薄毛・抜け毛ケアにおすすめの4つの成分と育毛剤

230view

2018.05.27

20代の方におすすめ男性ホルモン抑制作用のある育毛剤

育毛剤に必須の作用といえば、男性ホルモンの抑制です。男性に多いタイプの脱毛症にAGAという男性型脱毛症があります。男性型脱毛症は、男性ホルモンの影響で、生え際、頭頂部から、頭皮全体の薄毛を招きます。

実は、若い方にもAGAが多いのは、AGAのほとんどは遺伝要因により起こるからです。遺伝の影響でAGAに関与する男性ホルモンのレセプタの多い方がいます。このような方におすすめなのが、男性ホルモン抑制作用が高い育毛剤です。

男性ホルモンのテストステロンは、5aリダクターゼという酵素が合成するとジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛ホルモンに転換されます。これがAGAが起こる理由です。そのため、男性ホルモンを抑制することが、脱毛ホルモンの生成を抑えることになります。男性の場合、生涯この男性ホルモンが生成されていますので、すべての年代の方に薄毛の危険があります。

男性ホルモンを抑制する成分としては、オウゴンエキス、エチニルエストラジオール、シモツケソウエキス、冬虫夏草エキス、フラボステロンなどがあります。

このような男性ホルモンを抑制する成分が豊富な育毛剤としては、フィンジアがあります。フィンジアには、男性ホルモンを抑制するキャピキシル、マグワ根皮エキスなどが含まれています。そしてモンゴ流スカルプエッセンスDeeper3もおすすめです。モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3には、キャピキシル、マグワ根皮エキスなどが含まれています。

20代の方におすすめの頭皮の血行促進を高める育毛剤

もう一つ脱毛や薄毛の原因となるのが、頭皮の血行不良です。若い方の中にも最近は頭皮の血流の悪い方が増えています。頭皮の健康に最もかかわるのは、食生活です。

頭皮の血行を悪くする食べ物といえば、脂肪の多い食品があります。特に悪い油を使ったファストフードや揚げ物などが悪いです。また甘いものやスナック菓子などもその一つです。このような食品は、最近では20代を中心に人気があり、普段日常的に食べているという方が多いですが、これらはすべて頭皮の血行を悪くして、頭皮を固くこわばらせます。

血流の良い頭皮の場合、新陳代謝が良くなるので、古い髪から新しい髪への生え変わりが活発になるのですが、これが滞ると、いつまでも新しい髪が生えてきません。そしてもう一つは、運動不足や日常生活の要因です。

忙しい現代人は、毎日の生活の中での活動量が少なくなり、デスクワークの方などは1日机に座りっぱなし、ほとんど動かないという方も少なくありません。そして、普段全く運動しないなんていう20代の男性の方も多くなっています。

このような運動不足の方は体の血流が悪くなっています。体の血行が悪くなっている方は、もちろん頭皮も血行が悪くなり、体と同様に老廃物が溜まりやすくなっています。それから、睡眠不足ももちろん悪影響を与えています。

若い方は、飲み会やお付き合いなども多く、つい夜更かししてしまうという方も多いですよね。若いうちは、多少睡眠不足でも翌日それほど体に堪えないので、無理しすぎてしまいます。このような睡眠不足が常態化すると、頭皮にも悪影響がおよびます。体も不健康になりますし、血流が悪くなります。

このような方に良いのが、頭皮の新陳代謝を高める育毛成分です。頭皮の血行を良くするには、血管を拡張して血の流れを良くすることが大切です。それに良いのが、センブリエキスや、ヒキオコシエキス、カミツレエキス、M-034などの成分です。

これらが含まれる育毛剤としておすすめなのが、チャップアップです。チャップアップには、センブリエキス、カミツレエキ、M-034(海藻エキス)など豊富な血行促進成分が含まれています。

20代の方におすすめの抗炎症効果のある育毛剤

そして、20代の方の薄毛や抜け毛の原因となるのが、炎症などの頭皮トラブルです。頭皮トラブルの原因は、いくつかありますが、一つは過剰な皮脂分泌による頭皮の不衛生などで菌が増殖して炎症が起こることがあります。これは若い方の間では特に多いのですが、若いうちは男性ホルモンの分泌が活発で頭皮トラブルが起こりやすくなります。

二つ目は、間違えたヘアケアです。男性は、皮脂のベタつきが気になるので、洗浄力の強いシャンプーを使っているという方も少なくありません。男性用シャンプーの特徴としては、皮脂分解力が強く、しっかりと皮脂を洗浄するものが多いです。

確かに、このようなシャンプーは洗い上がりがさっぱりとして、洗った直後は気持ちがよいと感じるのですが、徐々に皮脂がもどってきます。このようなシャンプーは頭皮を強く刺激して、頭皮にダメージを与えています。刺激された頭皮は皮脂分泌を高め、結果的に皮脂が少なくなるどころか増えてしまいます。

男性用シャンプーは洗浄力が強く、脱脂力がある高級石油系界面活性剤が頭皮に悪影響を与えています。

そして、若い男性には、整髪剤を多用している方も多いですよね。ワックスやミストなどに含まれる成分が毛穴に詰まると、これが頭皮の菌と合成して炎症を起こします。このように男性、特に若い20代の男性には炎症を起こす可能性があるいくもの要因があります。

このような方によいのが、育毛剤に含まれる抗炎症作用のある成分です。抗炎症作用は、頭皮の菌の増殖を防ぎ、頭皮を清潔に保つことができます。殺菌や抗菌力が強いので、頭皮の炎症を防ぐのに有効です。炎症が酷くなると、フケや痒みも起こりますので、これらはすべて薄毛や抜け毛の原因となります。

育毛剤の抗炎症作用のある成分としては、グリチルリチン酸2K、セイヨウキズタエキス、カミツレエキス、オドリコソウエキスなどがあります。これらの成分が含まれた育毛剤として、濃密育毛剤BUBKAがおすすめです。濃密育毛剤BUBKAには、オウゴンエキス、 グリチルリチン酸2K、カミツレエキス、ビワ葉エキスなどが含まれています。

これらの成分は植物由来なので、副作用が少ないのが良いところです。化合成分の中には副作用があるものが多いので、できるだけ天然由来の成分を選び副作用がない育毛剤をおすすめします。

20代の方におすすめの保湿効果のある育毛剤

保湿効果というと、一見男性には関係ないように思います。保湿というと乾燥を防ぐものですので、皮脂が多くベタつきが気になっている方には、できれば避けたいことかもしれません。しかし実は、男性にとっても頭皮や髪の保湿はとても大切なことなのです。

男性は普段皮脂が多いので、頭皮や髪がベタつき、潤いについて問題ないと思っているかもしれませんが、実はベタつきと潤いは全く別物です。ベタベタしているのに乾燥しているというのが、男性の頭皮の特徴です。

乾燥は、紫外線や空気の乾燥、普段のヘアケアのダメージなど多くの原因で起こります。特に普段外でお仕事をしている方や、外勤職で外出が多い方は、紫外線を受けて頭皮にダメージがおよぶと乾燥しやすい環境を招くことがあります。また空調の効いた部屋で長時間過ごすデスクワークの方や、長い通勤時間を過ごされている方なども空調の影響を受けやすいです。

このような乾燥しがちな頭皮環境にある方におすすめなのが保湿効果のある育毛剤です。育毛剤に含まれる保湿効果のある成分としては、ワレモコウエキス、ヒアルロン酸、オタネニンジンエキス、イチョウ葉エキス、ユズエキスなどがあります。これらの成分が含まれた育毛剤としては、BOSTONスカルプエッセンスがあります。

BOSTONスカルプエッセンスには、アセチルテトラペプチド-3、デキストランなどの豊富な保湿成分が含まれています。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る