このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 毛の生え方を知ってる?発毛のメカニズムを学んでしっかり育毛対策!

毛の生え方を知ってる?発毛のメカニズムを学んでしっかり育毛対策!

342view

2018.05.27

健康的な毛髪が育つまで

発毛のメカニズム

当たり前のように自分の体に存在している体毛や毛髪ですが、毛が生えるまでのメカニズムまでは、よく知らない人も多いことでしょう。当然ながら毛が育つまでには一定のサイクルがあり、目には見えなくとも静かにそのサイクルは繰り返されています。毛髪は、毛乳頭と毛母細胞と呼ばれる組織が、健康的な毛髪を発毛させるための重要な役割を果たしています。

頭皮からの重要な栄養素を受け取るのが毛乳頭で、実際に毛を元気に成長させていくのが、毛母細胞です。毛髪の中にある毛乳頭と呼ばれる部分は、毛根部の1番下に存在し、毛細血管から近い場所にあります。

毛乳頭が、毛細血管から酸素や栄養素などの毛髪を育てるための重要素材を受け取り、受け取った栄養素をもとに毛母細胞へ発毛の指令を送ることで、毛母細胞の活性化が始まります。指令を受けた毛母細胞は細胞分裂を繰り返し、元気で健やかな毛髪を成長させていくというメカニズムです。

毛周期毛髪をはじめとする体毛

古くなった毛が抜け落ち、新しい毛が誕生するためのサイクルが存在します。そのサイクルを毛周期と呼び、大きく分けると成長期、退行期、休止期の3つのステージにわけることができます。このステージを繰り返しながら毛は成長し、健やかな毛髪に育っていくわけですが、このサイクルが乱れることで、薄毛の症状が出始めてしまいます。

本来毛髪の毛周期は、他の部位の体毛と比較しても1番大事な成長期が長い体毛です。サイクルが乱れるとは主に、規則正しいリズムを刻めなくなるということであり、大事な成長期の期間が短くなってしまうことで、抜け毛が増えてしまいます。頭皮にしっかり存在でき、成長期の期間が長い健康的な毛髪を増やすことができれば、薄毛は改善されていくことになります。

サイクルが乱れやすい20代の頭皮

生活環境と食生活

このサイクルが正しいリズムで繰り返されていれば、健康的な毛髪の成長が望めますが、生活習慣や食生活によってもこのリズムは乱れがちです。特に20代の頭皮は、生活習慣や食生活によって、毛周期のサイクルが乱れやすい環境にさらされてしまう年代です。

学生を卒業し、新しい環境に身を置くことになることでストレスを受けたり、1人暮らしを始めたことで食生活が乱れたりします。何かと生活環境が変わりやすく、知らず知らずのうちに、頭皮が過酷な状態にさらされてしまっているのです。20代という思いもよらない若さで、いわゆる「若ハゲ」という薄毛の症状に悩まされる若者は、少なくありません。

20代に効果的な薄毛対策

生活習慣の見直しだけで薄毛が改善されなくとも、焦る必要はありません。薄毛の原因は複雑でその要因となっているものも様々ですが、20代という若さであれば、頭皮環境をしっかり整え、毛周期のサイクルを整えてあげれば、まだまだ毛髪はしっかり成長できる年代です。そのために効果的な対策が、育毛剤の使用です。

20代で育毛剤を使用することに抵抗を感じてしまう人もいるかもしれませんが、若くしてハゲてしまう若者のための研究も進み、効果的な育毛剤もたくさん開発されました。20代の体に負担が少なく、副作用のリスクも低い育毛剤が、簡単に入手できる時代です。生活習慣や食生活の見直しとともに、このような育毛剤を併せて使用すると、より効果的な薄毛対策となります。

20代に人気のある育毛剤

毛周期のサイクルを整え、発毛のメカニズムをスムーズにする効果がある育毛剤です。副作用や成分配合の安全性を確認し、血行促進や毛母細胞の活性化を助ける働きのある育毛剤を使用すると、頭皮環境を整えながら健やかな発毛を促すことができます。

それらの効果が期待できる育毛剤には、下記のようなものがあります。・チャップアップ・ブブカ・フィンジア・ポリピュアEX育毛剤は、薄毛の症状に対するアプローチの方法により種類がわかれますが、店頭販売されているものから、通信販売のものまであり、実に様々です。

副作用のリスクなども事前にしっかりリサーチしてから、自分の目的に合った育毛剤を選ぶことが、薄毛改善への1歩となります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る