このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 効果的な育毛剤で薄毛を克服!有効な成分と副作用をチェック!

効果的な育毛剤で薄毛を克服!有効な成分と副作用をチェック!

236view

2018.05.16

20代で毛が薄くなり始める?薄毛の原因とは

毛髪が薄くなる原因には、ホルモン異常や精神的な要因、運動不足、過度な飲酒や喫煙などさまざまな要因が考えられますが、20代から毛が薄くなり始める人のほとんどはAGAが原因と言われています。

AGA(男性型脱毛症)

AGAとは、男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼによって変異し、ジヒドロテストステロンという脱毛物質に変質、このジヒドロテストステロンが、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結びついてしまい、髪の成長サイクルを乱してしまうという進行形の脱毛症のことをいいます。

このAGAは、遺伝の可能性が高いといわれており、頭頂部や額の生え際の髪の毛が薄くなっていく特徴を持ちます。

男性ホルモンを変質させる5αリダクターゼ

5αリダクターゼには1型と2型が存在しています。

5αリダクターゼ1型

全身の側頭部と後頭部の皮脂腺に多く存在しているため、皮脂の分泌が多く肌が脂っぽい人は特に分泌量が多い傾向にあります。

5αリダクターゼ2型

前立腺と前頭部から頭頂部の毛乳頭に多く存在し、髭や体毛が濃い人は特に分泌量が多い傾向にあります。

5αリダクターゼは、骨や筋肉の増大、精子の生成をする男性ホルモン(テストステロン)の働きをサポートする役割をしています。健全な男性にはなくてはならない存在ではあるものの、髪の毛の成長サイクルにとってはマイナスの働きをしてしまいます。

薄毛は早期対応が肝心!育毛に効く有効成分

薄毛の対策をするならとにかく早く始めることが肝心です。成長サイクルが乱れている髪の毛のケアをし、成長を促すことから始めましょう。そこで、抜け毛の原因となる5αリダクターゼの働きを抑えて、ジヒドロテストステロンを作らせないようにする必要があります。

5αリダクターゼを抑制する成分と副作用

フィナステリド

アメリカメルク社が開発した抗アンドロゲン薬で、医学的に「発毛効果」が認められている成分です。5αリダクターゼを阻害し、ジヒドロテストステロンを発生させないため、ヘアサイクルが正常化され、脱毛を抑制する効果や発毛効果が期待できます。ただし、薄毛全般に効果があるのではなく、AGAによる脱毛のみに効果を発揮します。

副作用:性欲減退、勃起・射精障害、睾丸痛、抑うつ、めまい、かゆみやむくみ、肝機能低下など
使用してはいけない人:重度の肝機能障害のある人、未成年、女性(フィナステリドは肌から吸収されることもあるため、特に女性の方は触れないよう注意が必要)

キャピキシル

カナダの化粧品会社によって開発された発毛成分です。5αリダクターゼを抑制しジヒドロテストステロンを発生させない効果が、フィナステリドより高く、発毛効果はミノキシジルの3倍以上といわれています。

副作用:天然草がベースとなる発毛成分であるため、副作用はほとんどなし

ノコギリヤシ

北米大陸からメキシコにかけて自生する植物で、5αリダクターゼを抑制する作用があります。発毛促進効果も期待できる成分です。

イソフラボン

5αリダクターゼを阻害する働きがあります。

亜鉛

5αリダクターゼを抑制する働きがありますが、摂取のし過ぎには注意が必要な成分です。1日の上限は30~40mg程。

オウゴンエキス

5αリダクターゼを抑制し、男性ホルモンの異常を正常化してくれます。また、頭皮の老化抑制作用も期待できます。

副作用:ほとんどなし

発毛を促す成分と副作用

ミノキシジル

アメリカのアップジョン社が開発した発毛促進成分。頭皮の毛細血管を拡張させ血圧を下げる効果があります 。

副作用:低血圧症状や、頭皮のかゆみ、炎症、眠気、倦怠感、体重増加、むくみなど
※高血圧の治療薬として開発されているため、心臓や血管、血液に持病がある方は避けた方が良いでしょう。

センブリエキス

毛根の成長をサポートし、保湿効果を促す機能があります。

副作用:植物由来の成分のため、副作用はほとんどなし

アデノシン

髪の毛を成長させる細胞を活性化し、発毛を促す効果があります。

副作用:ほとんどなし

M-034

ミノキシジル同等の効果が期待できる成分で、ヒアルロン酸のような保湿力を有し、毛周期を正常化、血行促進作用があります。

副作用:昆布やわかめなどの藻類に多く含まれる褐藻エキスから抽出されるため、副作用はほとんどなし

薄毛には発毛剤と育毛剤でアプローチ

薄毛に効果的なものには、医薬部外品と医薬品の2種類存在します。医薬品となる育毛剤は、厳密には発毛剤に分類され、フィナステリドやミノキシジルといった有効成分が配合されています。

そのため、育毛効果が高いとされていますが、副作用が強く、通院して処方してもらう必要があります。育毛剤では効果がなく、薄毛に悩んでいる人はクリニックへの通院をおすすめします。

一方、医薬部外品の育毛剤は化粧品などに分類され、副作用がほとんどありません。発毛効果・即効性は薄くなりますが、髪を育てる上では大事な成分を含んでいます。一般的な育毛剤はこの医薬部外品に分類されます。

医薬品となる育毛剤

プロペシア

現在日本で認められているフィナステリド配合薬で、病院などでAGA治療薬として処方してもらう必要があります。

フィンペシア

インドのシプラ社が生産供給している、プロペシアのジェネリック医薬品です。プロペシアと同じ効果が期待でき、かつ副作用が起きる可能性が下がるよう製造されています。

フィナロ

インドのジェネリック製薬会社である、インダス・ファーマシューティカル社によって生産供給される医薬品で、プロペシアと成分が同等のジェネリック医薬品です。

薄毛に効果が期待できるおすすめしたい育毛剤

フィンジア

業界初のピディオキシジル限界濃度2%を封入した最新キャピキシルエッセンスです。

キャピキシルを5%、副作用のないミノキシジルと注目されているピディオキシジルを2%、さらに固くなりやすい地肌を柔軟化するためのカプサイシンを配合しています。トウガラシ果実エキスを配合することで、有効成分が毛穴の中の毛母細胞までグングン到達するのを助けています。

また、ヘアケアメーカーと研究・実績を重ね、褐藻エキスやセンブリエキスなど10種類の毛髪成分も配合しています。

副作用の心配はいりませんが、初期脱毛は起こる可能性があるようです。

イクオス

世界初のスカルプケア成分Algas-2を配合することで、キャピキシルを超えた育毛効果が速く期待できる育毛剤です。Algas-2とは、M-034とペルベチア カナリクラタエキスという2つの海藻エキスを凝縮配合したイクオス独自の新成分です。

他にもオウゴンエキスやダイズエキスなど5αリダクターゼを抑制する成分を豊富に配合するとともに、脱毛因子をブロックする成分も豊富に配合。頭皮の負担とならないよう、天然成分の仕様と無添加にこだわった育毛剤です。

副作用の心配はいらないですが、初期脱毛が起こる方もいるようです。

チャップアップ

チャップアップは、センブリエキスに加え、毛穴を清潔に保ち育毛を促進する成分グリチルリチン酸、血行促進、皮膚の腫れ・かゆみを抑えるジフェンヒドラミンHCを配合。その他、植物エキス・抽出液から成る天然成分55種類とアミノ酸15種類を配合しています。

これらの成分により、育毛・発毛促進・毛生促進・かゆみ・フケ・脱毛予防・養毛効果が期待できます。無添加無香料で頭皮に影響があるものは一切使用されていません。若い20代の男性から女性まで幅広く使用されている育毛剤です。刺激も少なく副作用の心配はないようですが、まれに初期脱毛が起こることがあります。

初期脱毛

初期脱毛とはAGA治療を開始した直後から1ヶ月目あたりにかけ抜け毛が増える現象のことです。特定の治療薬で起こるわけではなく、発毛剤や育毛剤でも起こる可能性があります。

この初期脱毛で抜ける毛は、ヘアサイクルのうち「休止中」でいずれは抜け落ちる毛です。そのため抜けたことへの心配は必要なく、新しい強い毛が生えてくる前のステップとしてとらえると良いでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る