このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 血流を良くすると効果的?すぐにできる薄毛対策と育毛剤のすすめ

血流を良くすると効果的?すぐにできる薄毛対策と育毛剤のすすめ

263view

2018.05.16

薄毛の予防や改善には血流を良くすることが大切

薄毛になる原因は、男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の影響・ストレス・栄養の偏った食生活・睡眠不足など人によって違ってきますが、どの原因でも血流を良くすることは大切です。血流を良くすれば薄毛にならないという訳ではありませんが、血流が悪くなることは抜け毛や薄毛に繋がりやすくなります。

血液には栄養や酸素を運ぶ働きがあり、栄養や酸素は血液によって運ばれ、身体の様々な部分に届けられます。当然頭皮にも届けられ、それが髪を生成するのに役立ちます。抜け毛が増えたり、髪が傷んだりする原因の一つに貧血があります。

血中の赤血球とヘモグロビンが減少すると貧血になってしまいますが、貧血になると頭皮に酸素が十分届かなくなり、薄毛の原因になってしまいます。

薄毛の原因が成人男性に多くみられるAGA(男性型脱毛症)でも、血流を良くすることは重要です。髪には毛周期というヘアサイクルがあり、成長期・退行期・休止期の3つの期間を繰り返していますが、AGAになると髪が成長する期間である成長期は短くなってしまいます。

そのため、薄毛になる原因がAGAでも血流を良くすることは重要であり、血流を良くして頭皮に栄養や酸素を十分に届けることは髪の成長に必要なことです。

血流が悪くなることは、普段の生活習慣が大きく関わっているため、薄毛対策をしたい場合は生活習慣を見直すことが大切になります。それと、20代の方に薄毛対策は関係ないと思う方もいるかと思いますが、薄毛ではなくても若い20代の頃から薄毛対策をすることも大切です。

運動をしない生活を送ることは薄毛に繋がる

運動は血流を良くすることに繋がる

運動と血流は深く関係しています。運動をすると血流が良くなり、代謝が上がります。また、筋肉は全身に血液を送る働きもしており、血液の流れを良くするサポートをしています。運動をしない生活を送っていると筋肉量は減少し、血液の流れは悪くなってしまいます。それが、冷え性やむくみなどに繋がり、髪の成長も妨げてしまいます。

また、普段の生活にウォーキングやジョギングなどの運動を取り入れて、頭皮への血流を良くしましょう。ウォーキングやジョギングだけでなく筋トレもおすすめで、筋肉トレーニングを行うことにより筋肉がつき、血流は良くなり基礎代謝は上がります。基礎代謝が上がれば太りにくい体質になるため、薄毛を防ぐだけでなくダイエットにもなります。

筋肉の中でも「ふくらはぎの筋肉」は血流を良くするのに重要な筋肉で、「第二の心臓」といわれています。ふくらはぎはポンプのような働きをしており、血液を全身に送るのを手助けしています。そのため、ふくらはぎの筋肉は重要で、ふくらはぎの筋肉で全身に血液を流れやすくすることは、頭皮への血流を良くすることに繋がります。

適度な運動をして薄毛を改善しよう

薄毛の改善には適度な運動が大切で、ウォーキングやジョギング、筋肉トレーニングなどがおすすめします。運動といっても激しい運動をする必要はなく、適度な運動でかまいません。適度な運動でも血流を良くする効果は期待することができます。辛いと感じる運動をすると続けることが難しくなるので、気楽に行いましょう。

また、辛いと感じるほどの運動はストレスが溜まる原因になります。ストレスは血管を収縮させ、薄毛の原因になります。適度な運動はストレスを解消することができ、血流を良くすることもできます。それが薄毛対策となるので、運動をしていない生活を送っている方は、適度な運動を取り入れましょう。

ふくらはぎが第二の心臓といわれていることから、ふくらはぎを鍛えるのも効果的です。普通に歩いている時は、ふくらはぎを使っていない場合があるので、ふくらはぎは意識して鍛える必要があります。つま先立ちをすると、ふくらはぎに負荷がかかって鍛えることができるので、つま先立ちでふくらはぎを鍛えると良いでしょう。

ウォーキングやジョギングなどの運動をすることが難しい方は、ストレッチをおすすめします。ストレッチで身体をほぐすことにより血流が促進されるので、寝る前などに行うと良いでしょう。そして、髪は睡眠中に成長することから、眠る時間に合わせて育毛剤を使うのも効果的です。

栄養バランスの良い食生活が薄毛対策になる

カフェインやタンニンは鉄分の吸収を妨げる

髪を作るのは栄養素であり、血液を作るのも栄養素になります。そのため、炭水化物やたんぱく質、ビタミンやミネラルなどバランス良く摂ることが大切です。血液は酸素や栄養を運ぶため、貧血を予防することは薄毛対策になります。

したがって、血液を作る栄養素である鉄分を意識して摂ることも大切になります。ファストフードやインスタント食品などを食べてばかりいると栄養が偏りやすく、薄毛の原因になります。本気で薄毛対策をしたいのなら栄養バランス良く摂り、鉄分も意識して1日の目安量を摂るようにしましょう。

カフェインやタンニンには鉄分の吸収を妨げる作用があるので、コーヒーやお茶などは控えると良いです。それが難しい場合は、食事中や食事をしてから1時間くらい経過するまでは、カフェインやタンニンが含まれているものは避けると良いでしょう。

発毛や育毛のために鉄分を摂ろう

血液の原料になる鉄には種類があり、「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」があります。ヘム鉄と非ヘム鉄とでは吸収率が異なります。ヘム鉄の方が吸収率が良く、主にお肉や魚などの動物性食品に多く含まれています。

それに対して非ヘム鉄は、ホウレン草や小松菜、ひじきや大豆などに含まれています。鉄分をしっかり摂るには、吸収率の良いヘム鉄を摂る方が効率的ですが、血液は鉄だけで作られている訳ではないので、他の栄養素もバランス良く摂るようにしましょう。

育毛剤で血流を良くする

血流を良くするには生活習慣を見直すことが重要ですが、育毛剤を使うのも有効です。育毛効果の高い成分といえば「ミノキシジル」です。ミノキシジルには血管拡張作用と毛乳頭細胞を刺激する作用があり、薄毛の治療として高い効果を期待することができます。

しかし、ミノキシジルは副作用のリスクが高く、ドラッグストアやコンビニなどで購入することはできません。医者から処方される形で購入することができるため、手軽に手に入れることはできません。ですが、ミノキシジルが配合された育毛剤なら、薬剤師さんがいるドラッグストアや薬局で購入することができます。

ミノキシジルが配合されたおすすめの育毛剤は「リアップ」という育毛剤ですが、リアップを購入する時は薬剤師さんから禁止事項や使用歴、副作用などの説明を受けます。なぜそのような面倒な説明を受ける必要があるのかというと、リアップは第一類医薬品であり、リアップは副作用のリスクがあるため、使い方には特に注意する必要があるからです。

説明を受ける必要がありますが、リアップは比較的安全性の高い育毛剤で、薬局やドラッグストアで購入することができます。そのため、薄毛対策に取り入れやすいものといえます。

若い人の中には育毛剤を使うのに抵抗を感じる人もいますが、20代から育毛剤で抜け毛や薄毛対策をすることをおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る