このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 副作用の不安も!絶対に避けたい育毛剤の間違った使い方まとめ

副作用の不安も!絶対に避けたい育毛剤の間違った使い方まとめ

341view

2018.05.27

育毛剤の間違った使い方

規定量以上の分量を一度に使用する

一度に沢山の量を使用するほどより高い効果が得られるのではないか?という考えがちですが、男性用育毛剤という商品においてこの考え方は決して正しくありません。

医薬品として処方されるタイプの育毛剤ほどの有効成分は含まれていませんが、それでも市販の育毛剤の多くに高い発毛効果や育毛効果が期待できる成分が多量に配合されており、これらの成分の中は、間違った使い方を継続してしまうことで肌トラブルなど何らかの副作用を発現させるものも存在しています。

こうした副作用の発症を抑えるため、それぞれの育毛剤には安全に利用できる規定量が事前に明記されており、利用者はこれを守って使うのが原則です。

もしも、規定量以上の分量を使った場合、期待しただけの育毛効果が実感できないどころか、逆に何らかのトラブルが起こる可能性も十分に考えられるので、決してこういった使い方は実践しないように心がけてください。

利用後にマッサージを行わない

育毛剤を使用するだけでその効果が最大限に獲得できるというわけではありません。育毛剤の多くが、頭皮に塗布した後、その成分全てが頭皮内部へと浸透することによって初めて効果が期待できますから、ただ単に頭皮に育毛剤を塗布しただけでそのまま放置するのは間違った使い方です。

育毛剤を使用した後は、必ず指先や専用のブラシを使って頭皮表面を軽くマッサージし頭皮を刺激しつつ成分を浸透させましょう。また、このマッサージには、頭皮表面に育毛剤の成分が残らないようにすることで吹き出物などの副作用を防ぐ効果もあります。

洗髪後、髪が濡れた状態で使用する

育毛剤を使用する代表的なシーンの1つとして、入浴後が挙げられます。育毛剤を入浴後すぐに使用するタイミング自体は決して間違ったものではなく、頭皮に付着した皮脂や日中外出時の汚れをしっかりと洗髪して落とした後、育毛剤を使用することでその成分の浸透を高める効果が期待できます。

一方、入浴後すぐに育毛剤を使用する方の中には、髪が濡れたままの状態で使用するという方が意外に多いのですが、これは育毛剤の間違った使い方に該当します。

髪が濡れているということは、髪だけでなく頭皮にもまだ入浴時の水分が残っているということですから、ここに育毛剤を塗布しても、水分に阻まれて育毛剤の成分が頭皮内部へと浸透できなくなります。

育毛剤を入浴後に使用するのであれば、必ず事前にドライヤーで髪を乾かして水分をしっかりと飛ばしてから使用するのが正しい使い方です。

年代を問わず育毛剤は頭皮ケアにオススメ

生活リズムの不規則や乱れた食生活、さらには仕事や人間関係などからもたらされるストレスなど、現代人にとって当たり前となったこれらの要素はいずれも、頭皮と毛髪にとって著しいダメージを与えるものばかり。

結果、以前までは40代以降など一定の年代以上の方で多く見られた薄毛や抜け毛などの症状が、今や10代や20代という若年層でも見られるようになるなど、頭皮環境は時代に合わせて刻々と変化しています。

このことからも、日頃からの頭皮と毛髪ケアは健康な髪を維持する上で欠かせない要素といえ、育毛剤の使用もこれに含まれています。

育毛剤というと、中年世代以降の方が使用するグッズという印象がどうしても強く、実際に使いたいけれどなかなか使えないという若い世代の方も多いようですが、健康な髪を長期間にわたって維持したいのであれば、20代など若い年代からしっかりとした頭皮ケアを実践するのがおすすめです。

また、最近ではこうした若年層からのニーズの高まりを受け、様々なメーカーから10代20代といった若年世代を対象に開発された育毛剤を販売しています。専用の育毛剤を使って日頃から入念な頭皮ケアを実践して行くと、末永く健康的な髪を維持することができるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る