このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 20代の頭皮にはこれが不足!睡眠とビタミンがもたらす育毛効果は?

20代の頭皮にはこれが不足!睡眠とビタミンがもたらす育毛効果は?

274view

2018.05.27

睡眠と育毛の関係性

20代に不足しがちな睡眠

若い世代に不足しがちなものはたくさんありますが、睡眠もその中の1つでしょう。有り余るパワーを生かし、寝る時間を削ってでも何かに没頭してしまうのが、20代の生活スタイルに現れる特徴でもあります。

そのような生活習慣が、自分の頭皮に負担をかけてしまっていることに、気づいていない20代が多いかもしれません。薄毛の症状を自覚していなければ、なおさら気づくことは難しくなります。

「睡眠負債」という言葉が聞こえてくる現代ですが、慢性的な睡眠不足によって身体に引き起こされるダメージは、計り知れないものです。20代という若さでそのことに気づくのは難しく、たまった睡眠不足が「負債」という形になって、頭皮にも襲い掛かってきます。

睡眠の重要性

人間は睡眠中に、日中に傷ついてしまった細胞を修復し、新しい細胞を生み出します。だからこそ睡眠の重要性が認識されているわけですが、もちろん毛髪に関しても例外ではなく、同じ作業が睡眠中に行われているのです。睡眠中にダメージを受けた毛髪の細胞を修復し、最終的には毛髪の成長を促します。

睡眠時間は、毛髪にとっても生まれ変わりのための貴重な時間であり、この時間が不足してしまえば、発毛のためのサイクルが狂ってしまうことは、言うまでもありません。

睡眠前の育毛剤

毛髪の健やかな成長のために、睡眠時間をしっかり確保することは絶対条件ですが、頭皮環境を整えてから眠りにつくとさらに、睡眠時間に行われる発毛のための一連の働きを、より効果的にすることができます。入浴して洗髪したあとに、目的に合った育毛剤を頭皮にしっかり馴染ませます。

その際、マッサージを兼ねて揉み込むと、浸透率が高くなるだけでなく、睡眠前のリラックス効果にもつながり一石二鳥です。

育毛剤は、含まれている配合成分以外にも、副作用の有無などを確認してから安全性の高いものを選ぶことが大事です。育毛剤を使ったマッサージ効果で、リラックスした状態のまま入眠できれば、良質な睡眠をとることもできます。

ビタミンCと育毛の関係性

乱れがちな20代の食生活

睡眠と同じく、元気な発毛に欠かせないのが、栄養バランスのとれた食事です。20代の食生活は何かと乱れがちで、栄養バランスが崩れた食事を繰り返している人も少なくありません。食は人間のすべてを作る源でもあり、毛髪も摂取したものから栄養をもらい、発毛のサイクルに活かされています。

当然ながら摂取した食品は頭皮に影響を与え、健やかな発毛を促す手助けをしてくれたり、反対に薄毛を引き起こす原因となってしまうこともあります。

薄毛の原因になりやすい成分が含まれた食品の摂取を控え、発毛に効果的な栄養素が含まれた食品を積極的に摂取することで、毛髪にもいい働きかけができることになります。

中でも毛髪にとって大事な栄養素は、タンパク質、ビタミン、亜鉛です。食品で行う薄毛対策は、副作用の心配も少なく、20代でも簡単に取り掛かれる薄毛対策の1つです。

ビタミンCで薄毛対策

ビタミンCが頭皮にもたらすもの

発毛に欠かせない栄養素の中でも、ビタミンは多くの効能を持つ、とても優れた栄養素です。化粧品に含まれ、肌に良い栄養素であるというイメージが強いビタミンですが、毛髪に対しても高い効果があり、髪の毛の細胞の修復と誕生に効果を発揮します。

食事から摂取したタンパク質の吸収を高める役割もあり、毛乳頭が栄養を受け取る時に重要な、毛細血管の生成を助ける効果もあります。

ビタミンCの摂取方法

ビタミンCは、食品やサプリメントから摂取することができますが、体の外側から摂取する方法もあります。頭皮に直接ビタミンを注入する薄毛治療や、水に溶けやすいビタミンCの特性を克服した育毛剤など、様々な方法があり、薄毛を気にする人々から大きな注目を浴びています。

ビタミンCは副作用が少ないため、男性女性のどちらの薄毛にも効果が高いといわれ、育毛業界でも目が離せない栄養素となっています。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る