このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 どっちを選ぶべき?市販と処方、各育毛剤のメリットデメリットまとめ

どっちを選ぶべき?市販と処方、各育毛剤のメリットデメリットまとめ

263view

2018.05.27

市販育毛剤のメリット・デメリット

メリット

面倒な事前手続きなどの必要なく、所定の料金さえ支払えばすぐに入手できる市販の育毛剤には、その手軽さに裏付けされた様々なメリットが考えられます。

また、処方タイプの育毛剤と比べその価格の安さも大きなアドバンテージとなっており、育毛剤1本当たりの価格で見ても、5,000円~10,000円程度の差があるので、できるだけ育毛剤を安く入手して効果を実感したいという方におすすめです。特に、10代~20代の若い世代にとって育毛剤の購入にかかる出費は結構な負担となるため、この安さが大きな利点となるでしょう。

更に、市販育毛剤はその入手性の高さや価格の安さから実際に利用しているユーザーの数が圧倒的に多い点も特徴で、ここから、実際に利用した経験のある方から寄せられた口コミやレビューを通じ、購入前にその商品の良し悪しをある程度確認できる安心感の高さもメリットとして考えられる上、万が一問題が起こった際にも多くのメーカーでアフターケア窓口を設けているので、すぐに対応して貰える点も利点になります。

デメリット

市販育毛剤の多くは、生薬や漢方など使用が限定されていない成分を有効成分として使用していることが多く、これらの成分は副作用の少なさのように安全性の高さが裏付けされている一方で、実際に得られる育毛や発毛効果自体はあまり高くありません。できるだけ即効性のある効果を求めている方にとっては、実際に利用しても満足な結果が得られないケースもあります。

また、安いタイプの育毛剤ほど有効成分として使用される成分量や種類が少ないので、特定の症状にしか効果が実感できないものもあり、選ぶ難しさも意外なデメリットといえます。

このほかにも、処方タイプの育毛剤ほどではありませんが市販の育毛剤を使用することで何らかの副作用を発症する可能性も0ではありませんから、医師による定期的な診断が受けられる処方タイプと違い、副作用の有無をセルフチェックで判断する必要がある点も、特に育毛剤の利用経験があまり多くない10代20代前後の若い世代にとっては難しい部分と考えられます。

処方育毛剤のメリット・デメリット

メリット

AGAクリニックや皮膚科の専門外来など病院で実際に医師による診断を受けた後、処方箋を発行して貰うことで初めてその入手が可能となる処方タイプの育毛剤は、その効果と期待値の高さが最大のメリットです。処方薬の育毛剤のほとんどに実際の治療に用いることができる医薬成分が豊富に含まれており、この医薬成分は医師による処方を受けることでしか利用できません。

また、処方育毛剤を入手するためには定期的な医師の診断を受ける必要がありますが、診断を受ける段階で薬の効き具合をチェックしてもらえ、プロの目による安全性の高さも隠れたメリットといえるでしょう。

デメリット

病院で処方されるタイプの育毛剤には、その効果の高さに関連したデメリットとして、副作用の発症率の高さがあげられます。市販されているタイプの育毛剤と比べ、即効性の高い成分を有効成分として多量配合されているので、短期間で目に見えた育毛効果が得られる一方、良い作用が多い分だけ副作用の多さも市販薬と比べて目立つので、使い方に工夫や慎重さが求められます。

また、体質によっては使用できない育毛剤も少なからず存在しているので、医師との綿密な相談が求められる手間も1つの欠点になってしまいます。

合わせて、処方を受けるためにはその都度専門外来や担当医による診断と処方を受ける必要があるので、育毛剤がなくなる段階で必ず一度病院まで赴かないといけないという点は、特に仕事で忙しいという方に大きな負担となる可能性もあります。

更に、市販薬と比べ保険適用が行われないことから価格も全体的に高く、10代20代の利用者にとっては大きな負担となりやすい点もデメリットに挙げられます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る