このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 どうやって選べば良いの?賢い育毛剤選びの4つのポイント

どうやって選べば良いの?賢い育毛剤選びの4つのポイント

246view

2018.05.27

賢い育毛剤選びの4つのポイント

成分内容で選ぶ

現在市販されている育毛剤の多くは、その製品の最大の特徴ともいえる有効成分の内容によって同じ育毛剤というカテゴリーに属しながら各商品ごとに大きな違いがあります。そして、この育毛剤ごとの有効成分の違いを正しく把握した上での選び方を実践することで、より効果的な育毛剤の作用を獲得できます。

男性用として販売されている育毛剤に用いられる有効成分としては、・男性ホルモンの分泌を抑制し整える成分・毛母細胞を活性化させ育毛を促す成分・血流を改善し、毛髪の育成を高める成分・頭皮環境を良好にし、育毛しやすい環境を整える成分という、大きく分けて4つの種類に分類されます。

ですから、実際に育毛剤の利用を検討されている方ご自身の毛髪や頭皮の環境に応じて、あるいは薄毛やハゲなどの症状がどのような原因に基づいて発生しているのかを事前に確認した上で、それに合わせた効能を持つ育毛剤を選ぶのが最適です。

例えば、10代20代の方で薄毛や抜け毛を実感されている方のうち皮脂や汚れの堆積による頭皮環境の悪化によってその症状に悩まれているケースが多いので、頭皮環境を良好にする効果を持った育毛剤の選択がベストになります。

また、中高年以上の方に多い薄毛や抜け毛症状の原因としてホルモンバランスの乱れが挙げられますから、男性ホルモン分泌の抑制や調整が可能な成分を含む育毛剤を選ぶと良いでしょう。

利用者の声や意見を参考に選ぶ

ご自身の症状の原因が正しく特定できず、かといって病院に通うのはちょっと嫌という方におすすめの選び方が、口コミやレビューなど実際にその商品を利用した経験がある利用者の声や意見を参考に選ぶという方法です。大手通販サイトを初め、現在ではインターネット上で様々な形でこうした声が投稿されており、中には非常に有効な意見も少なくありません。

実際の使用用途や途中経過、最終的な結果まで記載している声も見られるので、こうした声を参考に、ご自身の利用環境や年齢、目的などに合致する投稿がある育毛剤を選ぶのも1つの選択肢としておすすめです。

使いやすさで選ぶ

育毛剤を使用する上で意外とネックになりやすいのが、実際の使い勝手です。例えば、価格面で見てみても市販されている育毛剤の価格は様々で、中には1本数万円という高額な商品もあります。このように高額な商品は、必然的に10代20代の若い方にとっては継続利用が難しい商品ですから、ご自身の予算で無理なく利用できる育毛剤を選ぶ方法が当てはまります。

また、育毛剤のボトルの形状や実際の塗布の仕方の違いについても合わせてチェックすることをお薦めします。

中には、直接塗布できずあらかじめ手に取ってから揉み込むようにして塗布するちょっと面倒くさいタイプの育毛剤があったり、あるいはボトル自体の形状が塗布に向いていないタイプのものもあるので、使い勝手が悪く感じてしまうものを選んでしまうと、面倒くささからせっかくの継続したい気持ちも台無しになってしまいます。

無理なく使えるタイプの商品を選ぶというのも賢い選び方です。

副作用の有無で選ぶ

育毛剤は比較的安全な商品ですが、個人差に応じて不安なのが副作用の存在です。安全と解っていても頭皮に直接塗布するものですから、やはり何らかの副作用の発現を不安視するのもやむを得ません。

育毛剤の中には、20代や40代、60代以上など年代などの条件を元に実際のサンプリングを活用した副作用の発症率を公表している商品も多く、こうした安全情報を参考に効果の高さと副作用の発生率を比べて選ぶ方法も1つの手段といえるでしょう。

使い続けられる育毛剤選び

数多く存在する市販の育毛剤の中からベストな商品選びを行う上でのポイントをいくつかご紹介しましたが、育毛剤という商品の特性上、継続利用することによって初めて、そのうたい文句通りの効果が実感できます。

逆に言えば、1カ月程度の短期利用では明確な効果を実感できないことが多く、せっかく高額な費用を支払ったのにも関わらず無駄となってしまうケースもあります。こうした結末を迎えないためにも、無理なく使い続けられる育毛剤を優先的に選ぶ事を最大のポイント、ご自身にぴったりな商品選びをおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る