このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 副作用から身を守る!より効果を感じる育毛剤の選び方

副作用から身を守る!より効果を感じる育毛剤の選び方

307view

2018.05.27

育毛剤は自分に合ったものを選ぶことが重要

薄毛対策は早めに行うことが大切

遺伝や生活習慣などの影響により、今は20代にも薄毛で悩む人が増えています。手軽にできる薄毛対策として育毛剤があります。

育毛剤というと中高年が使用するものというイメージがあり、20代から育毛剤を使用することに抵抗があるかもしれませんが、早めに対策をすることはとても大切です。20代という早いうちから育毛剤をスタートさせることで、将来の薄毛の悩みも軽減できる可能性も大きいのです。

育毛剤は用途によって使い分ける

育毛剤というとどれも同じように感じるかもしれません。しかし育毛剤にも様々な種類があり、自分に合ったものを使用しなければ効果は全くありません。値段も高ければよいというわけではないのです。市販されている育毛剤は以下のような種類に分けることができます。

  • 男性ホルモンを抑制するタイプ
  • 血行を促進するタイプ
  • 毛母細胞を活性化するタイプ
  • 皮脂の分泌を抑制するタイプ
  • 頭皮を保湿するタイプ

薄毛の原因といっても様々なものがあげられます。最も多いのが男性型脱毛症(AGA)と呼ばれるもので、男性ホルモンによる影響で薄毛となるタイプです。

他にも頭皮環境の悪化や生活習慣の乱れ、ストレスなどから引き起こされる血行不良が原因のもの、毛母細胞の働きが弱まることによるもの、過剰に分泌される皮脂が毛穴のつまりを起こすもの、頭皮の乾燥により育毛が正常にできないものなどがあげられます。市販の育毛剤は上記の5つのタイプに当てはまります。

大切なのは自分に合ったタイプの育毛剤を選ぶということです。AGAによる薄毛に悩んでいる人が、皮脂の分泌を抑制するタイプの育毛剤を使用しても効果は感じることができません。自分の薄毛の原因を追究して、その対策ができる育毛剤を使用することが、最も効果的な薄毛対策にもなるのです。

育毛剤は副作用にも注意して選ぶ

副作用を避けるための注意点

育毛剤選びには、自分の薄毛の原因に合ったものを選ぶのが大切ですが、中には自分の用途に合ったものを使用しているのに、副作用が出てしまうということもあります。副作用は頭皮の環境をより悪化させてしまうだけでなく、体に悪影響を及ぼす可能性もあるため、十分に注意をすることが必要です。副作用を防ぐためにできることは以下の通りです。

  • 多量に使いすぎない・注意事項を必ず守る
  • 副作用の起こりにくい育毛剤を選ぶ
  • 使用前に医師や薬剤師に相談をする

育毛剤を使用するとき、早く結果を出したいがために用量を守らず、たくさん使用するという方もいるかもしれません。気持ちは分かるのですが、育毛剤はたくさん使ったからといって効果が高くなるわけでなく、効果を最も引き出す「適量」があります。

また用量を超えて使用すると、かゆみや炎症などのトラブルを起こしやすくなります。また自分にとって必要のない成分は、体にとっても決してプラスではありません。自分に合った育毛剤を選ぶことが、副作用のリスクから逃れる方法でもあります。

そのため、育毛剤を購入する際には医師や薬剤師に相談をすることが大切です。また他に薬を服用している際はその組み合わせもあるので、医師に相談をしてから使用しましょう。

副作用の起こりやすい成分には特に注意をする

育毛剤は、副作用の起こりやすい成分を含んでいる場合があります。特に注意が必要な成分は以下の通りです。・ミノキシジル・フィナステリドミノキシジルは元々、高血圧を下げる薬として開発されたものです。使用することで血圧などに影響が出る恐れがあります。

またフィナステリドは男性ホルモンに働きかける作用があるので、性機能に影響を与える可能性もあります。これら副作用の起こりやすいものを使用する際には、特に注意をするように心がけましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る