このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 育毛剤で薄毛をサポート!毛髪トラブルの原因に適した育毛剤選び!

育毛剤で薄毛をサポート!毛髪トラブルの原因に適した育毛剤選び!

220view

2018.05.27

毛髪トラブルの原因とそれに適した育毛剤の選び方

抜け毛が増えてきた場合、その毛髪トラブルを引き起こしている原因については、人によりそれぞれ異なります。また、育毛剤の効果についても、育毛剤によってそれぞれ異なります。

つまり、毛髪トラブルを引き起こしている原因に適した育毛剤を選ばなければ、育毛剤の効果を十分に得ることは難しいといえます。ここでは、毛髪トラブルの原因別に適した育毛剤について、見ていくことにしましょう。

栄養不足によるもの

髪の毛はケラチンというタンパク質でほぼ構成されています。そのため、良質なタンパク質や、体内でアミノ酸をケラチンに合成する働きのある亜鉛が不足してしまうと、髪の成長にも影響が出てきます。

中でも、特にファストフードやコンビニ弁当などを好み、食生活が偏りがちな20代などでは、栄養不足による抜け毛が増えているといわれています。そのような場合には、毛根に髪の成長に必要な栄養素を補うタイプの育毛剤を選ぶことがポイントとなります。

AGAによるもの

AGAといわれる男性型脱毛症の原因の一つと考えられているのが、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質です。このDHTは、テストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素の働きによって変換されることにより発生します。AGAは、成人の男性に発現する症状ですが、早い人では20代で発症する人もいるといわれています。

そして、AGAを発症している場合は、このようなテストステロンをDHTに変換する5αリダクターゼの働きを抑制する効果のある育毛剤を選ぶことが重要なポイントとなります。

血行不良によるもの

髪を作り、太く長く成長させていくためには、十分な栄養素を毛根に届ける必要があります。毛根へ栄養素を運んでいるのは血液なので、頭皮が血行不良を起こしていると毛根へ栄養素が届かないため、抜け毛や髪の成長を妨げる原因になります。

そのため、喫煙の習慣があったり、ストレスを溜めやすく、普段から血流が悪いと感じている人は、血管を拡張するものや、血行を促進する働きのある育毛剤を選ぶことがポイントとなります。

育毛剤はあくまでサポート的役割と考えよう

育毛剤は、基本的に髪を健やかに生やしていくための、育毛をサポートするためのものです。そのため、使用したからといって必ずしも効果が出るとは限りません。また、その効果には個人差も大きく、効果を実感できる人とできない人がいるのも事実です。

また、育毛剤が肌に合わない場合には、副作用が出る恐れがあります。そのため、短期や長期の使用にかかわらず、もし副作用が出た場合には、すぐに使用を中止しましょう。育毛剤の副作用については、含まれている成分にもよりますが、例えば、痒みや発疹などの症状が出る場合があります。

育毛剤の効果が出にくいタイプの人とは?

毛髪トラブルの原因に適した育毛剤を使用していなければ、十分な育毛効果を得ることはできませんが、その原因に適したものを選んでいたとしても、中には満足な効果を得られない場合もあります。

このような育毛剤の効果が出にくいタイプの人については、以下のようなことが挙げられます。

  • 睡眠不足や徹夜が多く、生活習慣が不規則
  • 食生活が乱れている、または、偏食である
  • シャンプーのし過ぎや、洗浄力の強すぎるシャンプーの使用により、頭皮環境が悪化している
  • 育毛剤の効果が出る前に止めてしまう

これらのことから、育毛剤の効果を高めるためには、まず、健康な体を保つことが大切です。体が不健康な状態では、いくら育毛剤を使用していても、その効果を十分に得ることが難しいのです。特に、20代は不規則な生活をしている人が多く見受けられるため、抜け毛を防ぎ、育毛のためには、まずは生活習慣や食生活などを見直すことが重要といえるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る