このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 薄毛は20代からケアするのが常識!そのために重要な育毛剤について

薄毛は20代からケアするのが常識!そのために重要な育毛剤について

388view

2018.05.16

20代からの育毛がおすすめな理由

現在、20代の段階で薄毛に悩んでいる人の割合は、全体の10%弱だといわれています。しかし、本人がまだ薄毛に気がついていないケースや、それほど髪の状態について興味を持っていない人たちも含めれば、実際にはもう少し多くの20代の方が薄毛の状態なのではないでしょうか。

薄毛への対処法として最もオーソドックスなものは育毛剤の使用ですが、20代の方の場合は使用への抵抗感も大きく、それほど行われていないのが現状です。

しかし20代だからといって、育毛剤の使用をためらうのは決して良いことではありません。なぜかというと、育毛は早期に始めれば始めるほど、大きな効果が期待できるものだからです。

逆にいえば、20代のうちに育毛剤の使用に踏み切れなかったことで、将来の薄毛を回避できなくなるケースも大いに考えられます。たとえ育毛剤を使用したとしても、髪はすぐ元通りになるわけではなく、即効性はありません。

したがって、少しでも自身の薄毛を疑う理由がある場合は、たとえまだ20代であっても、すぐにでも育毛剤の使用を検討すべきだといえるでしょう。たとえば原因がAGAのケースでは、もしかすると育毛剤だけでは対応しきれないかもしれません。しかしそれでも、薄毛の進行を遅らせる効果には十分期待できますので、使用しないよりはした方が良い結果を生みやすいのです。

20代の方が薄毛対策をする上でまず必要になるのは、「まだ若いから大丈夫」といった甘い考えを捨てることです。30代、40代と年齢を重ねたときの姿を想像してみてください。そのときまだ髪は十分に残っているのか、それとも対処が困難なくらいに薄毛が進行してしまっているのかは、20代のうちのケアにかかっています。

あまり気長に構えすぎず、できる限り早めに手を打つことによって、回避できる薄毛もあるはずです。心当たりのある方は、なるべく早期に育毛剤の入手に踏み切り、今日からでも薄毛の対策を始めてみましょう。

育毛剤の効果は種類によって幅がある

同じく育毛剤と呼ばれているものでも、その中身によって効果についてはかなりの幅があります。実際に育毛剤を購入する段階においては、自身の髪の状態に合ったものを慎重に選ぶべきです。

では、選ぶ際の基準はどうすればいいのでしょうか。

もしも自身の薄毛がかなり進行していると感じるなら、迷わず医薬品に分類される育毛剤を選ぶべきでしょう。ただし、その中でも最も効果が高いとされる育毛剤については、入手するためには医師の処方箋が必要です。

まだ20代の方の場合、薄毛が理由で医師に相談をするのは恥ずかしいといった気持ちもあるかもしれませんが、そうした迷いはさらなる薄毛の道へとつながってしまいます。現在ではかなり効果の高い育毛剤も用意されていますので、迷いを振り切って堂々と医師に相談するようにしましょう。

それでもどうしても医師に相談したくない方や、薄毛の進行具合を考えると効果が最高レベルの育毛剤はまだ必要ないと感じる方は、同じ医薬品に分類される育毛剤の中でも、薬剤師の説明を受けるだけで入手できるものを選ぶのがおすすめです。それならたとえ20代の方でも心の葛藤はあまりないでしょうし、スムーズに購入までこぎつけることができるでしょう。

では、医薬品に分類される育毛剤を使用するほどでもないといった方は、どんな製品を選べばよいのでしょうか。

そういった方には、医薬部外品に分類される育毛剤がおすすめです。医薬品に分類されるものと比べると効果はやや落ちますが、その分副作用が起こる可能性も低くなりますので、より気持ちに余裕を持って使用することが可能だといえます。

このように、育毛剤の効果はどの製品でも同じというわけではなく、その種類によってハッキリとした違いがあります。それらの違いについてしっかりと知識をつけ、より詳しく中身を把握することが、薄毛解消の近道となるでしょう。

育毛剤使用時の副作用について

薄毛の解消には欠かせない存在の育毛剤ですが、正しい使用を続けていくためには、副作用についての知識もある程度必要になります。まず知っておいていただきたいのは、「効果が高い育毛剤ほど副作用が起こる可能性も高い」という点です。

つまり、たとえば化粧品に分類される育毛剤についてはそれほど高い効果は望めませんが、その代わりに副作用の危険性という点ではほぼ心配する必要がないといえます。

逆に第一類医薬品に該当する育毛剤であれば、高い効果が見込める分、副作用が発生する可能性も上がるわけです。

ただし、いくら副作用の可能性が上がるとはいっても、実際に副作用が発生する割合は10%に届きません。つまり10人に1人以下しか副作用を経験しないことになりますので、あまりにも神経質になりすぎる必要はないでしょう。

では、副作用の症状として起こりえるのは、いったいどういったものでしょうか。

まず循環器系の異常としては、心拍数の上昇や血圧の低下といった症状が挙げられます。他には頭皮の異常として、発疹やかぶれ、またはかゆみといった症状も考えられるでしょう。さらにそれ以外の副作用として、頭痛などを引き起こす可能性があります。

こうした副作用の症状を耳にすると、育毛剤の使用をためらってしまうという方もいるかもしれませんが、重篤な症状が発現するケースは非常にまれです。

むしろ20代のうちから何も対策することなく薄毛を放置していることの方が問題だともいえますので、どうしても心配な方は一度医師に相談をして、それから育毛剤の使用を開始するのがよいでしょう。

育毛剤使用と合わせてやるべきこと

育毛剤の使用が薄毛にたいへん効果があることはよくわかってもらえたと思いますが、だからといってそれだけで安心しきってはいけません。なぜなら、薄毛の進行を早めてしまう原因が、毎日の生活習慣の中に潜んでいるケースがあるからです。

たとえば20代の方であれば、髪をセットする際にヘアスプレーやジェルを使うことも多いでしょう。しかし、毎日それらを過度に使用してしまうと、髪に負担がかかる結果にもつながりかねません。

もちろん完全に使用をやめてしまう必要はありませんが、時にはそういった製品を使わず髪をナチュラルな状態にしておくことで、少しでも負担を軽減するよう心がけましょう。

さらに、もしも喫煙を行っている場合は、できれば禁煙することをおすすめします。どうしてかというと、喫煙することによって薄毛の原因となるジヒドロテストステロンが増えてしまうからです。

どれだけ優れた育毛剤を使用して髪をケアしていても、薄毛の原因物質であるジヒドロテストステロンを増やしてしまっているようでは、いつまで経っても髪の状態は良好になりません。禁煙は確かにかなりの覚悟がいる行為ですが、大切な自身の髪を失ってしまわないためにも、なるべく早い決断をおすすめします。

また、喫煙と同じくらい髪にとって大敵なのが、暴飲暴食です。特に20代の方の場合は、飲み会などを行う機会も多いでしょうし、食欲を抑えられず夜中に何か食べてしまうことも多いでしょう。しかし、そういった一つひとつの行為が、確実に髪の寿命を縮めることにつながってしまいます。

薄毛を本気でケアしたいのであれば、育毛剤の使用だけではなく食べすぎ飲みすぎについても控えるようにし、なるべく体に負担をかけないよう努めてください。

そして、育毛剤の使用と合わせて必ず実践してほしいのが、育毛シャンプーの利用です。育毛剤は頭皮に栄養を送り、髪を健康に育てるためのアイテムですが、その下地として重要になるのは、何よりも清潔な頭皮環境です。

たとえば、汚れてフケだらけの頭皮に育毛剤を振りかけたらどうなるでしょうか。せっかくの育毛剤の成分もそれらの異物に邪魔をされ、頭皮が十分に吸収することができなくなります。

ですから、間違ってもそんな事態に陥らないため、普段から育毛シャンプーを利用して、育毛剤の効果が十分に発揮されるよう準備しておくべきなのです。

このように、薄毛対策には育毛剤が非常に効果的ですが、ただそれだけで安心してしまうのではなく、日々の生活の中でもその他の気配りを忘れないようにしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る