このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 育毛剤には効果ない?そう感じてしまう理由と改善策を知ろう

育毛剤には効果ない?そう感じてしまう理由と改善策を知ろう

207view

2018.05.27

育毛剤を使っていても変化が見られない場合の原因

育毛剤と相性が合っていない

一口に薄毛といっても、その発症原因は多岐に渡っています。男性の場合にはまずジヒドロテストステロンの影響が考えられますが、他にも血行不良、栄養不足、ストレスや冷えなどさまざまです。

育毛剤を利用する際には、自身の薄毛の原因を正確に把握して、その原因を改善できる効果のある成分が配合されているものを選ぶ必要があります。原因に対して合わないものを利用していた場合には、使い続けていても変化を実感することができません。

育毛剤の使用期間が短すぎる

利用を開始しても、一朝一夕で効果が現れることはありません。口コミなどを見てみると数週間で新しい髪の毛が生えてきたといった声も確認できますが、代謝が活発で回復効果が高い20代の若い方であっても、短期間でわかりやすい効果が出ることは非常に稀です。

育毛剤の成分が浸透していき、その影響を受けた健康的な髪の毛が生えてくるまでには時間がかかります。副作用と勘違いされがちな初期脱毛が見られるまでに2週間から1カ月程度、ヘアサイクルが正常化して休止期にある髪の毛が成長期に入るのに早くても3カ月から半年は見ておく必要があります。

髪の毛が生えるスピードが1カ月に1cm程度ですから、数週間で何か違いを感じられることはほとんどありません。にもかかわらず、育毛剤が効かないと思い込んでしまう方の中には、2週間から3週間程度の利用だけで良し悪しを判断するケースが少なくありません。継続的な利用を意識していきましょう。

栄養が不足している

頭皮の環境改善のために育毛剤の成分のみに頼りきりになってしまい、食事から摂取する栄養が不足してしまっている場合にも、なかなか効果が実感できません。せっかく土壌が整えられても、髪の毛を育てる栄養が届けられなければ新しいものは生えてこないのです。

特に健康的な20代、30代で、少々食生活が乱れていても体調に影響が出づらい年代の方は、気がつかないうちにビタミンやミネラル、タンパク質や鉄分といった髪の毛に必要な栄養が足りなくなっていることがあります。また、喫煙や飲酒で亜鉛やアミノ酸などが大量に消費されると、髪の毛の状態が悪化してしまうのです。

育毛剤を使って行っているケアが、生活習慣によって無駄になってしまっているため効果を感じにくくなっているのです。

適切に使ってこそ効果が実感できる育毛剤

症状に適した育毛剤を選ぼう

自身の薄毛の症状を正確に把握するためにも、自己判断せずにまずはクリニックを受診して原因を知っておくことをおすすめします。AGAなら5αリダクターゼを抑制するものを、血行不良なら促進するものを、皮脂過多なら頭皮環境を綺麗にするものを利用すれば、改善効果を実感しやすくなるでしょう。

さらに、利用する育毛剤を選ぶ際には、配合成分をしっかりチェックすることも大切です。

副作用がなければ継続的な利用を心がける

育毛剤を使っていて痒みが出る、赤くなるといった副作用が見られない限り、大きな変化がなくてもまずは3カ月以上継続的な利用をしていくことが大切です。髪の毛を育てるためには非常に時間がかかりますから、1日1回から2回、夜の洗髪後や朝のセット前などに利用する習慣をつけて様子を見ていくようにしてください。

20代、30代の若い方であれば数カ月でコシが出た、髪が太くなってきたと実感する方も多く、適した育毛剤を使っていれば、遅くても半年から1年で使用前との変化を感じられるようになります。

平行して生活習慣を改めていく

育毛剤の利用と平行して、髪の毛に必要な栄養の摂取や飲酒喫煙習慣の見直しなども意識することです。育毛剤だけに頼りきりにならず、普段の生活から総合的な育毛ケアを心がけていくことで、より高い育毛効果を引き出すことが可能になります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る