このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 薄毛対策したい人必見!自宅で手軽に行える育毛ケアとは?

薄毛対策したい人必見!自宅で手軽に行える育毛ケアとは?

217view

2018.05.27

育毛についての基礎知識

薄毛や抜け毛で悩んでいる人は、育毛ケアを行うことで健康な髪を作ることが期待できます。育毛ケアの方法にはさまざまなものがありますが、基本的には育毛に適した頭皮環境を整えたり、食生活を改善したりといった日々の努力が必要になります。ここでは育毛ケアを始めるための基礎知識として、育毛と発毛の違いや、増毛についてみていくことにしましょう。

育毛と発毛の違いって何?

育毛とは、生えている髪を伸ばすことを指しますが、それに対して発毛とは、健康な髪が生えてくるようにさまざまな対策などを指します。また、育毛はシャンプーやマッサージ、育毛剤の使用などによって行い、発毛はシャンプーやマッサージなどに加え、生活習慣の改善などが重要なポイントになります。

増毛って何?

増毛は、髪に人工の髪を結び付けて増やしていくという方法です。具体的な方法としては、エクステンションやカツラなどがあります。また、自毛植毛は、自分の髪を薄毛の部分に移植する方法であり、増毛と比べて自然な仕上がりにはなりますが、費用が高額で、ある程度の期間を要するため現実的には難しい方法です。

自宅で行うことができる育毛ケア対策について

育毛ケアを自宅で行うことにより、薄毛や抜け毛の進行を抑える効果が期待できます。育毛ケアは、20代のうちから始めても早くはありません。抜け毛予防や薄毛対策のためには、早期に行っていくのがおすすめです。自宅で行う育毛ケア対策については、以下の通りです。

正しい方法でシャンプーする

自分の肌に合わないシャンプーを長期間使用し続けた場合、頭皮環境の悪化に繋がる可能性があります。そのため、自分の肌に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。オイリー肌であれば、毛穴詰まりの原因となる皮脂をしっかり落とすタイプのスカルプシャンプーを使用するといいでしょう。

また、乾燥肌の場合は、保湿成分が含まれているものを使用し、地肌の乾燥を防ぐものがおすすめです。さらに、シャンプーする際には、地肌に爪を立てないように注意し、指の腹で丁寧に優しくマッサージするように洗うと、頭皮の皮脂や汚れをしっかり落とすことができます。

頭皮マッサージを行う

頭皮をマッサージし、地肌に刺激を与えることで血流が促進されます。その結果、髪の成長に関わる組織や細胞の隅々にまで十分な栄養素が供給されるようになるため、薄毛の改善に繋がります。

ヘアカラーやパーマを控える

ヘアカラーやパーマの薬液には強い化学物資が含まれているため、それらを繰り返し使用していると頭皮のダメージに繋がります。頭皮がダメージを受けてしまうと、髪が生えにくくなり、育毛を阻害してしまいます。そのため、できるだけヘアカラーやパーマは控えた方がいいでしょう。

ストレスを溜めない

血圧や血流、体温調節などは自律神経がコントロールしていますが、ストレスが溜まってくると自律神経が乱れる原因になります。自律神経が乱れ交感神経が優位になると血管が収縮し、血流がスムーズに促されないため、頭皮に十分な栄養素が行き渡りにくくなるのです。

そのため、適度な運動や散歩をしたり、好きな音楽を聴いたり、湯船にゆっくりと浸かるなどしてリラックスし、ストレスを上手く解消することが大切です。

ジャンクフードやファストフードなどを控える

脂質を多く含むジャンクフードやファストフードばかり食べていると、栄養が偏ってしまいます。その結果、髪に必要な十分な栄養素が頭皮に行き届きにくくなってしまい、薄毛や抜け毛に繋がる可能性があります。健やかな髪の成長のためには、良質なタンパク質やビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂取する必要があります。

育毛剤を使用する

市販されている頭皮の環境を整える育毛剤などを使用することで、健康な髪が育ちやすくなります。また、頭皮の環境を整えることで、育毛剤に配合されている有効成分がより頭皮に浸透しやすくなります。さらに、育毛剤の使用と併用し、頭皮マッサージや頭皮にあるツボを押すことで、より育毛効果が高まります。

育毛ケア対策におすすめの育毛剤の種類について

育毛剤は、今生えている髪に影響を与えることで、抜け毛を予防し、髪の成長を促進させる効果が期待できます。また、ドラッグストアやインターネットなどでも手軽に購入することができ、20代のうちから使用することで、抜け毛の予防対策となります。

また、育毛剤にはさまざまな種類があり、配合されている成分によって期待できる効果も変わってくるため、自分に合ったものを選ぶことが大切です。なぜなら、自分に合わない育毛剤を使用した場合には、副作用が出る可能性もあるからです。ここでは、育毛剤のさまざまな種類について、詳しく見ていくことにしましょう。

頭皮の血行を促進するタイプ

健康的な髪作りのためには、毛根に十分な栄養素を届けることが重要です。そのため、血管拡張作用のある成分や血流をスムーズに促す成分を配合したタイプを使用することで、育毛に繋がります。

男性ホルモンの影響を抑制するタイプ

薄毛や抜け毛の原因の一つとして、AGAといわれる男性型脱毛症があります。AGAは、DHT(ジヒドロテストステロン)が頭皮に影響を与えヘアサイクルを乱すため、脱毛に繋がるとされています。

また、早い人では20代のうちから発症する人もいるといわれています。薄毛の原因がAGAの場合には、男性ホルモンであるテストステロンをDHTに変換する5αリダクターゼの働きを阻害する成分を配合したタイプがいいでしょう。

過剰な皮脂の分泌を抑えるタイプ

頭皮の皮脂が過剰に出る人は、それが間接的な要因となり、抜け毛に繋がっている可能性があります。そのため、皮脂の過剰分泌を抑える働きのある成分を配合したタイプがいいでしょう。

頭皮や毛根に栄養を与えるタイプ

髪の合成や成長に必要となる栄養素や頭皮環境を整える成分などを配合したタイプの育毛剤は、頭皮に必要な栄養素を行き届かせることにより、育毛効果が期待できます。

育毛剤を選ぶポイントについて

育毛剤を選ぶ際のポイントは、自分に合った育毛剤を選ぶということです。薄毛や抜け毛に繋がる毛髪トラブルを引き起こしている原因は、人によってさまざまです。そのため、育毛剤を選ぶ場合には、トラブルとなっている原因を知り、それを改善できるようなものを選ぶ必要があるのです。

育毛剤を使用する際の注意点とは?

育毛剤を使用した場合、誰でもすぐに効果を実感できるというわけではありません。その効果を実感するためには、ある程度使用し続けることが大切です。また、中には著しい効果が出ないからといって、1ヶ月~2ヶ月程度で止めてしまう人もいます。それでは育毛剤を使用する意味がありません。最低でも3ヶ月~半年程度は根気よく使用しながら様子を見る必要があります。

ただし、育毛剤には、有効成分が配合されているため、自分の肌に合う場合と合わない場合があります。また、副作用が全くないというわけではありません。もし、育毛剤を使用して、頭皮に痒みやかぶれ、炎症などの副作用が発生した場合には、無理して続けず、速やかに使用を中止しましょう。

また、育毛剤は多くの量を使用したからといって、より育毛効果がアップするというものではありません。使用上の注意をよく読み、適切な量を正しく使うことが大切です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る