このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 AGA対策がしたい人、必見!育毛剤の賢い選び方を紹介

AGA対策がしたい人、必見!育毛剤の賢い選び方を紹介

303view

2018.05.27

AGAに効く育毛剤の選び方

ジビドロテストステロンを抑制する成分が含まれていること

AGAは、そもそも体内の男性ホルモンであるテストステロンと、5αリダクターゼという還元酵素が結び付き、ジビドロテストステロンと呼ばれる物質に変化することで、脱毛が進んでしまう症状のことです。ジビドロテストステロンは、DHTと略されていることもあります。

つまり、AGA対策に有効な育毛剤とは、このジビドロテストステロンの生成を抑える効果がなくてはならないのです。育毛剤の多くは、5αリダクターゼの働きを抑える成分を配合することで、これを実現しています。

代表的なものは、オウゴンエキスやチョウジエキスヒオウギ抽出エキスやビワ葉エキスなどです。植物由来の成分を多く使用しているものは、身体への刺激も少なく、アレルギー肌の人や敏感肌の人でも使いやすいというメリットもあります。医薬品成分を期待するのであれば、フィナステリドやミノキシジル、デュタステリドなども有名でしょう。

副作用のリスクが低いこと

AGA対策の育毛剤は、前述したように男性ホルモンに働きかけることで、効果を狙うものとなっています。そのため、塗るタイプでも飲むタイプでも、身体に副作用が出る可能性があるのです。

個人の体質や肌質、そのときの体調や、育毛剤の成分量によっても、具体的な影響は異なってきます。しかし、副作用の影響が強すぎるものを選ぶと、かえって頭皮が荒れてしまったり、動悸やめまいなどの体調不良に結びついてしまうこともあります。

そのため、副作用のリスクがなるべく低く、健康的に利用できる育毛剤を選ぶべきだと言えるでしょう。

育毛効果が保証されているもの

日本皮膚科学会では、男性型脱毛症診療ガイドラインをオープンにしており、有効な治療法について、どれくらいの結果が期待できるのかを実験しています。効果の程度によって、推奨レベルをランクに分類しているため、指標にしやすくなっているのです。

トップクラスのランクAに分類されているのは、前述したフィナステリドやミノキシジルなどの成分です。AGA対策をしたい場合、特に強くおすすめされています。

次いで推奨されているのがランクBの自毛植毛、その次のランクC1がt-フラバノンやサイトプリン、ペンタデカン、アデノシンなどです。ランクC1については、十分な根拠がないものの、効果は期待できるため、実行自体は推奨しているものです。

AGA対策に有効な育毛剤を紹介

フィンジア

キャピキシルやヒオウギエキス、ビワ葉エキスなどのAGA対策成分が配合されている育毛剤です。副作用の心配も基本的になく、20代から70代まで、幅広い年齢層で利用できる安定性が魅力となっています。塗るタイプの育毛剤ですが、肌への刺激が少なく、デリケートな頭皮の人でも使いやすいでしょう。

イクオス

13種類ものアミノ酸を、バランス良く配合している育毛剤です。副作用のリスクが特に低いことで知られているため、これまで別のAGA対策で失敗した経験がある人でも、チャレンジしやすいといえます。20代から始める若はげ予防にも人気があります。植物由来の成分をたっぷり使用しているため、オーガニックなアイテムを好む人にもおすすめです。

ブブカ

発毛と育毛にバランス良く作用できる、M-034がたっぷり配合された育毛剤です。ジビドロテストステロンの抑制成分も、ヒオウギエキスやオウゴンエキス、ビワ葉エキスなどがバランス良く含まれており、幅広い層が使いやすい商品です。

塗るタイプの育毛剤が基本ですが、同じラインでサプリメントも登場しているため、身体の外側と内側、両方からアプローチすることが可能です。

副作用の心配も基本的になく、バランスの良い低刺激のアイテムが欲しいときにぴったりでしょう。こちらも、20代からの若はげ予防にも使いやすいです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る