このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 あなたはどのタイプ?薄毛別使用するべき育毛剤のタイプ選びとは

あなたはどのタイプ?薄毛別使用するべき育毛剤のタイプ選びとは

306view

2018.05.27

AGAの対策方法

AGAと育毛剤

男性の多くが悩んでいるAGAは、20代の若者でも悩みの種となっています。そんなAGAを改善するためには男性ホルモンを抑制する育毛剤を選びましょう。AGAは男性ホルモンの過剰分泌により発生し、これを抑制するといわれているアロエエキスやニンジンエキスを配合した育毛剤がおすすめです。

すでにAGAが進行してから育毛剤を使用するよりも、20代からAGA対策育毛剤を毎日塗布し予防することが大切です。実際に薄毛になってからでは効果がよく分からない可能性もありますし、育毛剤の真価は予防にあります。

ミノキシジルと医薬品

正確にはミノキシジルはAGA治療薬ですが、それだけに高い効果を期待できます。医薬品なので通販では購入できませんが、その効果の高さからある程度AGAが進行している方におすすめできる育毛剤です。

ただし、効果が強い分副作用には気を付けなくてはなりません。もしも何らかの副作用の兆候が見られた時には、一旦医師に相談して今後の使用方法を検討しましょう。いくら効果が高くても、そのせいで頭皮を傷つけてしまっては意味がありません。

頭皮の血行促進

育毛において、血行促進は非常に重要な意味を持ちます。食事でも内服薬でも、真価を発揮するには育毛のために取り込んだ成分が頭皮にスムーズに行き渡ることが前提となるためです。この血液がドロドロになると、頭皮に栄養が行き渡らなくなり抜け毛が増えてしまいます。

これもAGAの症状なので、20代から抜け毛が増えてきた方は不摂生な生活を見直し、体の内側から変えてくれる育毛剤を選びましょう。このタイプの育毛剤はたくさん販売されているので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

頭皮の状態と育毛剤

皮脂が過剰分泌される

基本的に、皮脂の抑制は生活習慣の改善によってもたらされるべきです。油物ばかりを食べている方は食生活を改善し、入浴中髪の毛を洗いすぎている方は洗い方を見直す必要があります。

一方で、皮脂の過剰分泌を抑えることに特化した育毛剤もあります。オウバクエキスや大豆イソフラボンが配合されている育毛剤がこれに該当するので、心当たりがある方はこの成分が配合されている育毛剤を中心に見て回りましょう。

また、男性ホルモンの過剰分泌も伴いやすく、AGA対策と被る部分もあります。皮脂は取り除きすぎても副作用が生じやすいので、適度な皮脂を保つことを目的に育毛剤を探しましょう。

乾燥しやすい

皮脂の過剰分泌とは反対に、乾燥していても頭皮は傷つき薄毛を進行させます。そのため、多くの育毛剤には保湿成分が配合されており、コラーゲンやヒアルロン酸などが配合されている育毛剤を見つけましょう。

自分の頭皮が乾燥しているかどうかは、フケの多さである程度見分けることができます。昔はそうでもなかったのに最近フケが増えだした、という方は頭皮が乾燥している可能性が高く、放っておくと薄毛の原因になりかねません。

かゆみも同時発生することがありますが、こちらも乾燥した肌による症状の一例です。乾燥した肌は、より外部からのダメージを蓄積しやすくなります。ある意味皮脂の過剰分泌より深刻な状態なので、保湿はしっかりと行いましょう。

炎症を起こしている

乾燥と症状が少し似ていますが、かゆみを感じたり、時々頭皮を触ったら腫れているかのような感触を覚える方は、炎症を起こしている可能性があります。頭皮の炎症は目視しにくいため見つけづらく、発見が遅くなる傾向にあります。

考えられる原因はいくつかありますが、シャンプーやトリートメントの相性が悪かったり、育毛剤を使用している方はそちらの相性も考えられます。もしも育毛剤の相性が原因だった場合、新しい育毛剤に切り替える前に一度皮膚科を受診することをおすすめします。その後育毛剤を再度検討しましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る