このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 効果が期待できる?医薬品であるリアップの魅力と効果とは

効果が期待できる?医薬品であるリアップの魅力と効果とは

277view

2018.05.27

医薬品としてのリアップ

ミノキシジル

リアップに配合されている成分の中でも目玉となるのは、やはりミノキシジルです。ミノキシジルは育毛成分の中でも代表的な成分であり、その効果の高さゆえに医薬品として使われています。

医薬品は一般的に医薬部外品よりも高い効果が期待できる反面、副作用のリスクも考えなければならないものが多く、20代でとりあえず何らかの育毛対策をしておきたいくらいの気持ちならおすすめできません。ミノキシジルは主に発毛の促進、活性化を促す有効成分であり、力強い発毛に欠かせない毛包を大きくする力を持っています。

そのため、これらが衰えやすい壮年期により強い効果を発揮し、多くの20代が懸念し始める頭皮環境よりも優れた効果を期待できるのです。育毛剤としては、ミノキシジルは大きな柱となって活躍してくれます。

リアップとミノキシジル

当然リアップに配合されているミノキシジルにも同様の育毛効果が見込めますが、リアップではさらに抜け毛予防にも力を入れています。新しい髪の毛が生えてくるスピード以上に髪の毛が抜けてしまっては意味がありません。育毛と脱毛予防、この2つを両立できるからこそ、リアップは高く評価されているのです。

また、多くのミノキシジル配合育毛剤が医師を介してでしか購入できないのに対し、リアップはドラッグストアでも購入できます。薬剤師のチェックは必要になりますが、わざわざ病院へ足を運ばなくてもよいので気軽に購入できる部類でしょう。

20代とリアップ

リアップは壮年性脱毛症と呼ばれる薄毛に悩んでいる層を対象とした製品であり、ここでいう壮年期に20代は入っていません。購入すること自体は可能ですが、元々ターゲット層ではないだけに確かな効果があるかどうかはわかりません。少なくとも、20代から他の育毛剤を試さずいきなりリアップを使用することは推奨できず、まずはその他の育毛剤から入ってみましょう。

リアップと種類

リアップジェット

リアップジェットはその名の通りジェット式で開発された育毛剤であり、より使いやすいジェットタイプにすることで狙った場所に確実に塗布できるリアップです。こちらもミノキシジルを配合しており、その他にトメントールやパントテニールエチルエーテルなども配合されています。リアップを使用していると、頭皮にかゆみを覚える副作用を発症する方もいます。

そのような方に向けてトメントールでかゆみ対策を行い、副作用のリスクを軽減しているのです。基本的にリアップは頭頂部の薄毛を想定して作られているので、塗布する場合リアップジェットのように使いやすいタイプは重宝するはずです。

リアップX5プラス

基本的にはリアップジェットと同様に効果が配合されていますが、トコフェロール酢酸エステルなどにも要注目です。頭皮が酸化しないように守ってくれる成分なので、より健康的な頭皮を実現するためには欠かせません。トメントールも配合されており、清涼感のある仕上がりになります。使用方法ですが、1日2回の頻度で頭皮に塗布していきます。

また、1回に使用する分量は1mLです。人によって頭皮の薄毛範囲は異なりますが、リアップX5プラスではどの程度薄毛が進行していても1回1mLは変わりません。自己判断で分量を増やしてしまわないように注意しましょう。量が分からなくても、容器を使えばちょうどよく計算できるようになっています。

また、リアップは効果が確かになるまで4カ月の使用期間を想定しています。そのため、最低でも4カ月は使用し続けてから、リアップに対する評価をしましょう。4カ月間使用して効果があったかどうかは、定期的に頭皮の状態を撮影するなどして確認できます。仮に4カ月使用して効果が出なければ医師に相談しましょう。薬剤師でも構いません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る